日本には古くから長寿を祝う習わしがあります。
今回紹介する「傘寿」も長寿のお祝いの一つです。年齢には節目になる年齢の呼び方があり、身近なものでは三十路や四十路というのも年齢を表す呼び方の一つです。

身近な年齢の呼び方として還暦というものは聞いたことがある人も多いでしょう。

その中で傘寿が表すものは数え年で80歳のことを表すのですが、この年齢の時にお祝いをするのも日本の古くからの行事です。

「傘寿」の読み方は「さんじゅ」と呼ぶのですがなぜこの「傘」に「寿」をつけるようになったのかその由来を紹介します。

傘寿の年齢や色などの基本情報

読み方 年齢
傘樹(さんじゅ)
八十寿(やそじゅ)
80歳(数え年)

数え年とは
年祝いの時やお祝い事の時に見かける数え年というのは妊娠した時を0歳と数え生まれた時を1歳と数える年齢のことです。



傘寿のお祝い方法と色

還暦祝いの時は「赤いちゃんちゃんこ」や「赤いもの」をお祝いの品として贈りますが、傘寿の時に当てはまるお祝いの色は「紫」がその色に当てはまります。

これには、「陰陽五行説」と言って世界中の様々なものは「木」「火」「土」「金」「水」のどれかの属性に当てはめられているとされており、日本人にとってはとても古くより馴染みの深いものでしたが、現代では欧米の文化の影響が強く次第に薄れて言っている考え方の一つでもありますが、特別な時のお祝いや節目の時に関係が深い色を今でも大事にしていることがわかります。

傘寿のお祝いの方法

お祝いをする日は誕生日や敬老の日に行うことが多いのですが、傘寿のお祝いの方法も同じ日に行うことが望ましいでしょう。

お祝いは特別しきたりがあるわけではないのですが、家族が集まりお食事やお祝いの品などを贈り、良い一日にしたいものです。

傘寿のお祝いの品

年祝いでプレゼントするお祝いの品を考えている方もいらっしゃると思います。傘寿の時にお祝いの品はご両親に必要なものなどを考えてプレゼントしてあげるものが大変喜ばれます。

この時に気にかけてもらいたいのは傘寿に当てはめられた色「紫」のお品をプレゼントするのも良いでしょう。

その中でも年祝いの名前にちなんで「傘」をプレゼントしてあげるのも人気を集めているようです。

傘寿(さんじゅ)の由来

まずは傘寿という名前の由来から紹介したいと思います。

「傘」という文字がつけられている理由は「傘」という文字を分解した時に「八」と「十」の文字になることからこの文字が当てはめられました。

年祝いは漢字に当てはめられたり、干支や陰陽五行説などによって伝えられている風習です。

年祝い還暦・傘寿・米寿・白寿などの由来一覧表