お食い初めの食器について〜男の子用・女の子用〜

*

お食い初めの食器について〜男の子用・女の子用〜

正式には漆塗りの器と高足の御膳を用意します。
箸は柳の白木です。全部新品を用意します。

一般的に、赤ちゃんの母親の実家の方から送るしきたりになっていますが
現在では本人が用意するなど、特にこだわりは無いようです。

豪華なものでは、嫁ぎ先の家紋を入れたり、赤ちゃんの名前を入れたりしています。
これからの事を考えてベビー食器を新調して使うご家庭も多いです。
お安く漆器を使いたいというご家庭は、レンタル品もあるので利用しているようです。

器と御膳は、男の子と女の子では色が違います。
料亭やレストランなどでお願いするときは、こういう事情から性別を聞かれます。

男の子のものは、御膳も器も内外とも朱色。
女の子のものは、御膳も器も外が黒色で内が朱色のものを使います。

お食い初めは平安時代から続けられているもので、
当時は朱色の方が黒色よりも位の高い高貴な色とされていたからです。

今は、男の子は優しい心をもつように朱色。
女の子は、強くたくましく生きられるように黒色。という願いもあるようです。

地域によっては御膳の高さも男の子と女の子では違うようですが、
必ずこうしなくてはいけない!というものではありません。

器は、飯椀(親椀)、汁椀、平椀、つぼ椀、腰高の5つが用意されます。
略式では平椀にお魚がのり、つぼ椀に香の物、腰高に歯固め石と梅干しが盛り付けられます。
正式なものは、平椀に煮物が入り、他は略式と同じで、別の御膳にお魚とお餅がのります。

伝統を重んじるご家庭もあると思いますし、それぞれに色んな事情を
持つご家庭があると思います。一番、今出来ることを優先して行いましょう。

赤ちゃんの成長をお祝いしたいという気持ちは変わりません。

お食い初めの食器に関しての体験談n

[su_tabs]
[su_tab title=”後々も使える食器”] お

食い初めの食器は友人がプレゼントしてくれました。普段使えるようにと、プラスチックのものでした。かわいいキャラクターのものです。そのセットがあれば離乳食時期に調理から食事まで対応できるよいものをいただきました。

主人の両親が、赤ちゃん用の食器セット(プラスチック製)を買って準備してくれていました。その中からお椀を出して使用しました。本当のお食い初めでは、ちゃんとした漆器を使うのでしょうが、漆器では後々使いにくいからとの配慮だったと思います。

食器は非常に迷いましたが、お食い初めだけの食器はもったいないので後々使えるキャラクター物のプラスチック食器セットを購入しました。行事の2日前ギリギリで届き、間に合って良かったです。今は食事で毎日使っているので、買って正解でした。

古い言い伝えでは漆塗りの器と高足御膳を用意するようですがさすがにそれは後々もう使う事もないし高価だしという事で祖父母にお祝いに貰ったプラスチックの子供用の食器で行いました。最初は漆塗りの器を用意しようかとも思いましたが今となってはやはり長く使えた実用的な物で良かったと思っています。

家にあった食器でお食い初めをしました。購入も最初から考えてなく形に添ったものではなかったですが、実際雰囲気も固くなりすぎず良かったと思います。料理もお皿で見栄えが変わりますが、特に気にもならず普段使っている食器なので片付けやもったいなさもなくてこれでよかったと満足しています。

お食い初めの食器は食事とセットになっていて、後々も使えるようにと少し奮発しました。しかし主人にきちんと話をしていなかった為に後でもめました。きちんと相談、していたら却下されていたと思うので特に気にしていません。長く使えるものだったので、今も大事に使っています。

私より先に結婚していた妹がお食い初めの食器セットを持っていました。「一回しか使わないしもったいないからお姉ちゃん使う?」と言ってくれてありがたく貸してもらいました。貸してくれたセットはほとんど新品同様で本格的なものでした。料理を作るのは大変でしたが、きちんと見栄えの良いお食い初めが出来ていい思い出になりました。

一生に一度のことだけれど、それでわざわざ用意するのももったいないと思ったので用意しなかった。

お食い初めの食器はお宮参りに行った神社で頂いたものを使用しました。長男、長女ともお宮参りに行ったので、同じものを頂きました。長女のときは長男のときの物を使うか、新しく頂いた物を使うか悩みましたが、どうせ同じ物なら開けるのももったいないと思い長男のときの物を使いました。特に信仰心がなければ神社で頂いた物でも返納しなくても構わないとのことだったので、誰かに譲ろうと思っています。

お食い初めの食器は、将来も使えるようにとプラスチック製のものでキャラクターのものを購入しました。しかし後になって写真を見たときに、食器は漆の食事台もきちんとしたものの方が見栄えが良かったかなと少し思っています。

食器も最初は本格的なものにしようかと思っていたのですが、やはり実用性が優ってしまい、後々使えるプラスチック製にしました。お店などではステキな品が並んでいるので、未だに縁起物だから買った方がよかったかなと思います。

お宮参りの時にお祝いとして漆塗りの本格的なお食い初めの食器セットを頂きました。お祝いが済んだ後は子どもの普段の食事にも使っています。子どものお祝いごとは一生写真に残るので、写真を見返すたびにきちんとした食器を使ってよかったと感じています。

[/su_tab]
[su_tab title=”漆塗りの食器”]

お食い初めの食器は、ひいおばあちゃんがのちのち子どものために使うことになるだろうから、とわざわざ専門店の人に頼んで、漆塗りの良いものを購入していたそうです。わざわざ購入したのは、二番目以降も使うことになるから、ということでした。

やはり伝統を意識します田舎は、特に歴代の子供たちが使ってきましたので多少にボロボロに買い替えを提案したところものすごい反対をうけたのでした。

祖父母を招き、せっかく行うのだからと、本格的な食器を買うことにしました。もちろん普段使いには使いませんが、次の子にも使いまわせたし、その後は友人の子供のお食い初めのときにその食器を差し上げて、とても喜ばれました。

お宮参りをしたときにセットに含まれていたので、お宮参りの金額の表示にさせて頂きました。お食い初めにこのような食器が必要なのかと、神社でいただいて初めて知りました。その時以来使用はしていませんがなかなか立派なものでした。

お食い初めの食器は私たち夫婦でのちのち子どもが大きくなって普通食になった時に使えるような陶器のものを購入することで話が進んでいたのですが、ある日いきなり義母が立派な漆塗りのお膳セットを購入してきたため中止になりました。少し複雑な気持ちになりましたが、これはこれで見栄えもいいし有りだったなと思っています。

[/su_tab]
[su_tab title=”特に準備しなかった”]

お宮参りの時にお食い初めに使う用の食器セットをいただきました。木の台に白い陶器の小さいお皿やお茶碗など5皿くらいありました。お食い初め当日は使用しましたが普段使いすることなく使ったのは、それっきりでした。

今回、料亭でお食い初めコースを予約してお食い初めを行ったため、食器については一切準備しませんでした。お食い初めの食器については購入するかどうか家族でも話し合いましたが、一生に一度しか使わないものですのでやはりもったいなく、その分のお金を、ほかに子供の役に立つものに使ってあげようと決めました。実際に、大きくなるにつれて準ぶるものが多いので、その決断は正しかったと思っています。

料亭ですべて用意してくれたので、準備する必要はありませんでした。どうせ食器類はお食い初めでしか使用しないようなものだったので、料亭で用意してもらった方が楽だと思います。お参りに行ったときに食器のセットをもらいましたが、結局一回も使わずに食器棚に眠っています。

この日にしか使う事はないだろうと思って特に準備をしませんでしたが、後々調べてみると名前入りの特注で作ることができたり、お食い初め後は普段使いとして使用できる食器なども販売されているという事を知り、事前にリサーチをして息子にも思い出に残る食器を買ってあげれば良かったと後悔しています。

食器に関しては特別気にしていませんでした。家に既にあった、頂き物の漆器を使おうか迷った挙句、形が今一あわなかった為、普段の食器を使いました。特に問題はなかったと思いますが、正直縁起が良かったのか悪かったのかは不明笑

親戚の方から頂いていた陶器が大小様々な形で子供用でしたのでそれを利用して料理の盛り付けをしました。特にお食い初めだけの為に用意をする事はしないで、あるものを使って準備をしましたが問題なく事を終えることができました。

特に用意はしなかったのですが、お茶碗にはお宮参りのときに記念品として神社からいただいたものを使いました。他のお皿は、家で使っているものです。特別に買っても、普段使いできないものでしたら、いつか邪魔になってしまうので、購入しなくてよかったと思っています。

お店にお任せしていたので購入はしませんでした。本格的なものも売っているようですが、離乳食用の食器を使用している人も多そうでした。

食器に関しては、自分たちで準備はしなっかたのですが、お宮参りの時にお土産としていただきました。金額はその時に納めた額です。その他、たくさんご馳走をお姑さんに用意していただきましたが、その食器は普通に普段使ってる物でした。ちなみにお宮参りで頂いた食器はいまは普段の食器として使っています。

[/su_tab]
[/su_tabs]

お食い初めの食器について〜男の子用・女の子用〜関連ページ

お食い初め 使用後の食器はどうしたら良いの?
お食い初めに使う食器は、正式な物を用意すれば漆塗りのしっかりしたものになりますね。 お食い初めに使って、後は使 […]
お食い初めの男の子と女の子で食器の色が違う由来は?
伝統的に考えてお食い初めの食器の色が違う事をあまり気にしていない方も多いと思います。 男の子は朱色、女の子は黒 […]
男の子のお食い初めの食器にはどんな種類がある?
お食い初めで使う男の子の食器について正式な儀式用から現代では人気なものまで様々あります。 ここでは男の子用のも […]

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。