お食い初めとは誰と行うものなのか?家族はもちろんでうが祖父母にとっても楽しみな行事でもあります。

そこで今回はお食い初めに参加されるかたのアンケートを元に体験談を集めてみました。

お食い初めの参加者に関する体験談

家族と祖父母で行った家族のみで行った
お食い初めの食器を貰っていたので、やるかやらないか迷っていたところ義両親に「料理など用意するから」と義実家でやる事になりました。私たちは子どもを連れて行っただけでした。寝不足だし正直面倒だと思いましたが、いい記念になったと思っています。
母方の祖父母と父方の祖父母をどう呼ぶかで迷いました。今回、自分たちは母方の祖父母の家の近くに住んでおり、父方は飛行機でしか来れない距離でしたので、性は父方ではあるものの、母方の祖父母のみと行うことになりましたが、双方の祖父母を納得させることが大変でした
だれが食べさせるマネをするのか、全然決めていなかったので、私と主人で食べさせました。本来は一番年長の人が食べさせるものみたいですが、お互いの両親ともまったく気にしておらず、私たちが子供に食べさせるマネをするのを微笑ましく見ていました。
旦那のほうの両親は別にレストランを用意してくれたのですが、孫のためではなく自分が食事を楽しむという感じ。孫には無関心の様子だったので私は苦痛で仕方ありませんでした…。誰も息子の方を気にかけない、意味の無い会食でした。
久しぶりに孫をあやせるということで、やや遠方に住む、両方の両親ともに嬉しそうでした。待ち合わせの時間よりもだいぶ早く自宅に来てしまい、こちらがいろいろとアタフタとしてしまいました。
ほとんどおばあちゃんとひいおばあちゃんにまかせっきりになってしまい、もっと主体的に動けたらよかったな、と思いました。
初めての子供だったので、両家の両親を呼んで、賑やかにお祝いしました。たくさん写真も撮ったし、いい思い出になっています。
義実家でお食い初めをしたので料理はどうすれば良いのか、率先して手伝わなければならないのか、食事代は私達が出すのかなど心配していましたが、予め義母から全て任せて欲しいとの申し出てくれたので助かりました。
一緒に住んでいたので、当然のように祖父母と一緒に行いました。祖父母にとっても初孫でしたのでとても喜んでいました。年をとっても元気でいる祖父母とともにお祝いしてもらったことで、子供にもいい影響があるのではないかと思えました。
母方の祖父が大喜びで話が止みませんでした。とても賑やかでした。
両家の親が参加をした為家で食事をするには狭かったので別で食事の手配をしなければいけなかった事
どこまでよぶか、夫婦お互いの家族を呼ぶのもそうですが実施する場所にも悩みました。
主人の両親のおかげで、立派なお食い初めをして頂きましたが、事前に手順や意味などを聞いておけばよかったと思います。よく分からないまま終わってしまいました。
祖父母を自宅に招きお食い初めのお祝いをしたのですが、お料理を用意し、色々な準備をすることにも慣れていなかったので、大変だったのを覚えています。ですが、義母が色々手伝ってくださったので、なんとかお祝いができました。
特に悩んだことはありません。あまり難しい儀式的なことも言われませんでした。招いたことを喜んでくれました。
娘のお食い初めは私達親だけでなく祖父母にとっても大事なイベントだったようで娘に少しだけ赤飯を口に入れた時びっくりしたのかペッと吐き出してしまいおかしくて祖父母も私達も大笑いしました。祖父母が娘を大切に想ってくれる気持ちが伝わってきて逆に私も祖父母を大切にしたい気持ちが前よりも強くなりました。
誰が一番に子供の口に運ぶかの順番で空気が悪くなりました。一番は祖母がと譲らず祖母になりました。写真も同じアングルが多く、うつっている人間も同じで、中々微妙なところもありました。
行事を行う際に一番悩むのは誰に声をかけるかという所で、うちは主人の実家も私の実家も車で30分以内の所にあります。主人の両親は遠慮がちな方たちなので、あまりうちに来ないのですが、私の両親は飛んでくる人たちなので、結局私達家族と私の両親で行いました。
全部、主人の母親が準備してくれたので有り難かった。
母方の実家で行ったので、料理を手伝ってもらったり、赤ちゃんの面倒をみてもらったりするのに気がねすることながなく、楽しくできました。ただ、赤ちゃんの機嫌があまりよくなく、とても泣いたので祖父母には申し訳ない気持ちになりました。
お食い初めは当初我が家と両家の祖父母、義母の母を招き行う予定でしたが、義理両親の暴走により日頃行き来の無い親戚にまで声がかかりいつのまにか大所帯になっていました。入院中だった義父の母の一時帰宅が認められ、お食い初めの席に一緒に着いてもらえたのは嬉しかったです。
昔の習わしで、父方の祖母が抱くということだったので神社についてからはずっとそうしていました。母方の祖母が写真を沢山撮ってくれたため、母方の祖母との写真が集合写真以外ありませんでした…
主人の母を呼ぶかどうか迷いましたが両親も気を遣うと言っていたので結局呼ばず、私の身内だけで行いました。
遠くに住む義父母を誘うかどうか迷いましたが、楽しみにしてくれていたようなので、お誘いしました。
家系の中での女性の年長者にたべさせてもらうと良いとのことだったので、子供からみて曾祖母にあたる人に食べさせてもらおうと思っていました。しかし予定通りに出来なかったため、主人と祖父母の皆で食べさせてあげることができました。とてもいい記念になりました。
とにかく何を用意したらいいかも、何をするかもわからなっかたので、本当にお姑さんの指示で何とか無事済ませる事が出来た、という感じでしたので、事前にもう少し勉強しておくべきでしたね。
基本的に私たち夫婦の両親は遠方にいる為に、そういった行事にはいままで参加した事がありません。母親が他界している事等もあり、そういったことに父親達が関心が無いのだと思います。気を使わないので楽な部分もありますが、子供達には少し申し訳ない気持ちもあります。
お食い初めは最初する予定はありませんでしたが、約一週間前に夫の両親に行事をしてほしいと言われ、急遽行うことにしました。正直面倒だと感じで嫌々準備しましたが、当日の様子を撮影して送ったらとても喜んでくれました。
ほとんどの料理はネットでレシピをみたら作ることが出来ましたが、鯛だけは近所で手に入らないし、焼くことが出来なかったので少し困りました。
子供も機嫌よく、親と祖父母の集まりに、付き合ってくれたので、調子に乗ってしきたりの3回より多くお食い初めさせました。かれこれ10回以上みんなでかわるがわる食べさせるマネをさせました。歯が生えすぎると困るねと言いながら楽しかったです。