お宮参りに母親はどんな服装が好ましい?

お宮参りは七五三、成人式と並ぶ儀式ですから、やはり参列者にはしっかりとした正装をしてもらいたいものです。

ただし、季節やお宮参りをされる神社などでどこを選ばれるかによっても服装は使い分けされている印象を受けました。

今回お宮参りを体験された方からのアンケートを実施しその中からお宮参りをされた方からの意見を参考にご自身のお宮参りの際に役立ててもらえればと思います。



お宮参り母親の服装

お宮参りのときの母親の服装が着物の場合

昔は母親と父方の祖母は黒留袖と決まっていたそうですが、最近は訪問着やつけ下げ、色無地など落ち着いた色合いで清楚なものが好まれるようです。
お宮参りの記念撮影では赤ちゃんからみておばあちゃんが抱っこすることが多いので、赤ちゃんの祝い着の色に合うような色の着物を選びたいものですね。
ただ最近は着物を着なれない人も増えているため洋装を選ぶお母さんが多くなってきているようです。



お宮参りのときの母親の服装が洋装の場合

神社では露出の多い服装はふさわしくありません。
フォーマルなワンピースにジャケット、もしくは少しフォーマルなスーツのセットなどを着ると良いでしょう。

お宮参りのときの母親の服装の注意点

正装をしなければならないのはもちろんですが、赤ちゃんが快適に過ごせるようにするため気を付けておきたいことがあります。



授乳をしている期間であるから気を付ける

母乳のみで育てている場合、突然哺乳瓶を使おうと思っても赤ちゃんが受け付けてくれない可能性があります。
そのため着物を着る場合は長時間授乳できないため、哺乳瓶でミルクや搾乳しておいた母乳を飲むことに赤ちゃんを慣れさせておく必要があります。

洋装の場合は授乳しやすい服装を選ぶようにしましょう。
上質な生地で作られたワンピースは改まった印象を与えるため、こういった正式な場所ではよく着られるものですが、前で開くタイプのデザインでなければ外で授乳をするのはとても大変です。
ですので、前開きのブラウスや授乳服を購入して利用するのも良いでしょう。
フォーマルな授乳服はネットでたくさん見つけることができますので、購入する際には検索してみましょう。

お宮参りのときの母親の服装で気を付けたいのが足元

着物の場合は草履、洋装の場合はパンプスなどを履きますが、神社というのは滑りやすい石畳やつまずきやすい砂利道など実は危ない場所と言えます。
ですので少々不格好でも慣れない場合はかかとの低いパンプスやフェミニンなデザインのスニーカーを履いて臨むようにしましょう。

大事な赤ちゃんにけがをさせては意味がありません。安全を考え万全の態勢でお宮参りに臨みましょう。

赤ちゃんの服装に関しては別のページで紹介していますので参考にしてみてください。

⇒ お宮参りの時の赤ちゃんの服装(祝い着)はどうする?

お宮参りの母親の服装とその時の体験談



ワンピーススーツ着物普段着

生後1か月ぴったりにお宮参りをしたので、締め付けるような着物は体調の理由で着られませんでした。ですので、ゆったりしたワンピースと、冬だったので手持ちのジャケットという服装になりました。楽だけどかっちりした印象になったのでよかったです。

赤ちゃんを抱っこしたり、授乳したり、長男と手を繋がなければ行けなかったので、なるべく動きやすいものでフォーマルなものを選びました。祖父母の評判も悪くなく、良かったです。スーツを着ているママもいましたが、大変そうだなと感じました。

産後で体調がすぐれなかったので、本当は着物が着たかったのですが、ワンピースを着ました。家にあるものにしようかと思いましたが、出産を期に仕事を辞めたので、何かの時に購入しないとなかなかお出かけ着を買う機会が無いかと、購入させてもらいました。

母乳しか飲まない子どもだったので、授乳服ショップをネットで探して、フォーマルな印象のワンピースを購入しました。その上に手持ちの黒いジャケットを着たので、授乳服であることは傍目にはわからなかったと思います。着物ではそうはいかなかっのでいい選択だったと思います。

着物も候補に入れていました。けれど母乳で育てていて、授乳の間隔が30分弱と非常に短かったため、着物は断念し、家にあるワンピースにしました。ただ、ワンピースも授乳は難しかったです。スーツの方が良かったかもしれません。

授乳のことを考え、授乳服のワンピースにしました。動きやすかったですしこの服にしてよかったです。悪かった点は特にありません。

写真撮影とお宮参りの日を別にしました。写真は着物で写りました。お宮参り当日はワンピースだったので、授乳が楽にできて良かったです。神社でお参りしたあとに、食事会もしたので、長時間の着物では大変だったと思います。

当日にスタジオで写真撮影も予定していたので、授乳対応のワンピースにしました。 着物よりも動きやすく、実際に授乳もしたのでワンピースにしてよかったと思います。写真撮影でもワンピースは産着でほとんど隠れてしまうので、気になりませんでした。

お宮参りと会食を兼ねていたため、シックな黒のワンピースを購入しました。お宮参りに来られているお母さん達は普段着の方もいましたが、だいたいスーツかワンピースのスタイルでした。着物を着れたら華やかだったかなと後悔しています。

家族で行ったのですがラフな格好にしようと決めた為。寒かったので着込みやすい服にしてよかったと思います。初めてのお宮参りだったので正装した方がよかったのかなと思っています。

体型があまりきちんと戻っていなかったので、楽なワンピースがいいかな・・・と思いワンピースにしました。しかし、冬の神社にきれいめのワンピースは思っていた以上に寒かったです。カッチリした形ではなかったので、楽なところはよかったですが。

子どもをずっと抱えているので、暑過ぎない服装が良かったため、着慣れている仕事用のワンピースを着ました。

体型がまだ戻っていなかったので、手持ちの中で何とか入ったワンピースとスーツのジャケットを合わせました。元々は着物の予定だったのを様々な都合から断念したのがギリギリだったので、購入等の準備をしていませんでした。

最初は着物も考えていたのですが、周りの知り合いに尋ねたところワンピースが無難ではないかとのこと。また、お宮の駐車場から少し歩かなければならず、さらに長い石段があることを考えて少し上等なワンピースで行こうということになりました。

子供が主役なので、派手すぎず、きちんとした服装を考えました。グレーのワンピースにしたのですが、ちょっと地味だったような気がします。自分の着付けの時間などが無くて、良かったと思います。着物のように歩きにくく無くて、動きやすかったです。

お金があまりないので、何か他の時でも使えるようにスーツを買いました。動きやすかったですし、問題なく過ごすことができました。また、冬の寒い時期だったので気軽に貼るホッカイロを中に貼り、寒さに我慢することもなかったのでよかったです。

産後で体型もまだ戻っていない時期だったので、昔の太っていた頃のスーツがちょうどよかったのでとっておいてよかったです。ワンピースとも迷いましたが、授乳することを考えてスーツにしました。授乳用ワンピースなら問題なく着られたのにと思います。

着物ほどの汚れを気にしなくて良い点がまずあげられます。実際に食事のさいに、食べ物をこぼして汚れを作ってしまったことを今でも覚えています。また動きに関しても気軽で制限されないのがよいとおもいます。普段着にはかてませんが、ある程度TPOを理解しながららくができるのはスーツならではだと思います

初めは着物を検討しましたが、子どもが赤ちゃんということがあり抱っこをすることを考え、動きやすいスーツを選択しました。スーツにして大正解でしたね。立ったり座ったりと動作がスムーズでとても楽でした。着物だとトイレにも行きにくいですので。

上の子供がまだ1歳半だったので、まだ落ち着きもなくチョロチョロ動かれた時にスーツの方が動きやすいと思いました。それとよだれや食べ物で汚されることを考えるとスーツの方がクリーニング代が安くすむと思ったため。

夫婦二人と赤ちゃんでお宮参りにいったので着物をきる間赤ちゃんを見る人もいないし、ワンピースを選びに買い物も行けないし、授乳は頻回だったので手持ちのスーツで間に合わせました。実際お宮参りの前に授乳したので、洋服でよかったです。他のママがきれいなワンピースを着てるのを見ると少し羨ましかったですが、産後でまだ太っていたし出産前に洋服を選ぶ余裕もなかったので仕方がないです。

お宮参りと言っても実際に神社で過ごす時間は1時間程度ですし、お宮参り後の両家揃っての昼食会がありましたので外出用のスーツを選択しました。また、上の子の面倒も見ないといけなかったのでフォーマルで動きやすい服装になりました。

お宮参りにはピンクのスーツを着ていこうと決めていましたので、子どもが生まれてしまって体重が元に戻らなかったのでかなり大きなサイズのピンクのスーツを購入しました。でも気に入ったのでよかったです。

着物は、母から借りました。その着物は私のお宮参りの時に母が着ていた着物で、保存状態も良かったので着られたので、帯や小物も含めて借りて、当日美容院で着付けてもらいました。朝早くて大変でしたが、写真にも残るので着物を着て良かったです。

日本の伝統行事であり、行き先が神社という神聖な場所であること、祭服を着た神主さんの前に出るのにはやはり洋装よりは和装の方が相応しいかと思い和服に決めました。また普段は着物を着ることはまずないので、購入は選択肢にはありませんでした。

「着物を購入」と言いますか、もともと家にあった着物を着ました。着物は体型が誤摩化せるし、スーツを新たに購入するよりは安上がりだということで、着物を選んだまでです。しかし着付け料金を考えるとスーツを買った方が安いかなとも思いますが。

嫁入り道具として高級な訪問着を持たせてもらっていたので、お宮参りで活用出来て良かったです。普段あまり着物を着る機会がないので、お宮参りといった一生の思い出のシーンで着ると家族みんなで記念撮影できるから写真として思い出に残るのです。

お宮参りをするだけでなく、そのすぐ後にハウススタジオで記念撮影も兼ねているので時間と手間をかけたくなかったために家にある着物にした。お宮参り中の写真も撮ろうと考えていたので、写真にしやすいようにできてよかった。

近所の神社に行くだけだったので、特に服装は気にせずに行きました。他のお宮参りに来ている人たちも普段着でした。きっとその神社に行く人はあまり改まった洋服は着てこないのだろうと思いました。スーツも考えましたが、産後体型が変わってしまっていたので、入らないかもしれないし、赤ちゃんの授乳の事もあるので普段着が一番だと思いました。

10月生まれの娘のお宮参りは生後1ヶ月の11月行いました。外が寒いのと、近所の神社で簡単にすませる予定でしたので普段着にしました。キレイめなニットのワンピースにしましたが、その後の写真撮影で「家族写真もどうぞ」と言われ、きちんとした服装にすれば良かったと思いました。