立秋 2017年

2017年の立秋はいつ?
8月7日(月曜)

立秋ってなに?




「立秋は秋の気配がほの見える頃。」
陰暦七月の異称は文月、秋の初めなので「初秋」や「秋立つ」などともいいます。

立秋の頃からは朝方や夕方のころに涼しさがでてくる季節です。このことを秋の気配が絶つ日などといってまだまだ暑さは続く季節は続き気温は最も高い時期ですが立秋から立冬の前までが季節の上では秋という事になります。

この季節に見られる景色は入道雲からうろこ雲などが見られるようになっていき季節の変化が起こり始めます。

残暑が厳しい季節は家よく観察してみると周りには秋の気配が所々にかんじることができるようになります。
立秋の日は、太陽が黄経135度に達した時のことが一つの目安です。

あまり生活に関係をしていない節気のようですが、お手紙を書く時のマナーとしての変化します。

立秋を境に「暑中見舞い」から「残暑見舞い」に代わります

立秋というのは二十四節気と呼ばれる季節を表す中で夏至・冬至の「二至」と春分・秋分の「二分」、そして立春、立夏、立秋、立冬の「四立」です。
これらは二至二分四立と言われ、季節を区分する上で重要な時期を表します。

これらの8つの節気以外にも他に16の節気が設定されていて古くから季節を愛でる文化を知ることができます。

立秋の頃の行事

立秋2017年-うろこ雲
立秋の時期は秋という言葉が入っているものの、日本の地域のほとんどでは真夏真っ只中の機構の時期になるため、秋という言葉がある「立秋」ってこんな時期なんだなと思いますが、少しずつ秋の気配が深まっていく頃になります。

立秋よりも「秋分の日」の方が生活の中で休みの日になっていたり、お墓まいりの行事があったりと身近にあるように感じます。

立秋はお盆や、梅雨が開ける頃になります。

お盆
小学校などでは夏休みにあたる立秋の頃の行事の代表と言えばお盆があります。これは月遅れ盆といって地域によって違いがありますが多くの地域で8月のこの時期にお盆を迎える事から一般的な認識のお盆はこの頃になるようです。

梅雨明け宣言
気象庁が定めている梅雨入りと梅雨明けの宣言ですがおめがだらだらと続く梅雨の場合でも立秋までの期間で梅雨明けの状態にならない場合はその年の梅雨明け宣言はされないということ二なります。

残暑見舞い
立秋の頃はまだまだ残暑が厳しい頃です。立秋を境に季節のお手紙が暑中見舞いから残暑見舞いに変わります。



立秋の頃に旬を迎える食べ物

秋といえば食欲の秋!
ですが暑さが茹だる時期ですが、代表的な食べ物として「オクラ」や「なす」などが旬を迎え美味しくいただけます。果物では「桃」が美味しい時期です。

立秋の頃の歌や句

立秋の頃の季節を歌っているうたや句を紹介しています。

明日香川 行き廻る丘の 秋萩は 今日降る雨に 散りか過ぎなむ

霧しばし 旧里に似たる けしき有り
几董

立秋の七十二節気

立秋 三十七候 初候
涼風至(りょうふういたる)
涼しい風が立ち始める
2017年 8月7日〜12日

立秋 三十八候 次候
寒蝉鳴(ひぐらしなく)
蜩(ひぐらし)が鳴き始める
2017年 8月13日〜17日

立秋 三十九候 末候
蒙霧升降(のむしょうこうす)
深い霧が立ち込める
2017年 8月18日〜22日



2017年立秋のまとめ

2017年も秋の深まりを感じる季節になってきましたね。今回の記事は立秋に注目して記事を描いて見ました。
秋の季節にはまだまだ暑い時期に訪れる立秋ですが、暑い夏から過ごしやすい秋へ向けて気候の変化などに注目してみると秋の気配が見えてくる時期になる頃ですね。