日本三大七夕祭り や国内で行われている 七夕 の行事を知ろう

*

日本三大七夕祭り や国内で行われている 七夕 の行事を知ろう

国内で行われている七夕の行事を紹介したいと思います。
各地で行われている農業に関係のあるお祭りであることが多いのが特徴的です。

古くから行われている七夕行事だけにその特徴は地域によって違いがあることや、旧暦の暦に従ったものなど伝統的な行事を紹介します。

その歴史や規模から日本三大七夕祭りと言われるものからその他の地域の物まで紹介します。

日本三大七夕祭り

日本国内には七夕を盛大にお祝いするお祭りが存在しています。その3つのお祭りについての見所や歴史を分かりやすく解説したいと思います。

宮城県仙台市 仙台七夕まつり

宮城県仙台市で毎年8月6日〜8日の3日間開かれる仙台七夕まつりは全国に知れ渡るほど知名度の高い七夕祭りです。

現在国内で行われている大きな七夕祭りの原型はこの仙台七夕祭りに習って行われていると言われるほど歴史が古く、江戸時代のころから行われていました、始まった当初は現在ほど盛大にお祝いするものではなかったもので、現在のように盛大にお祝いするようになったのは1928年(昭和3年)からです。
当時使われていた七夕飾り等は戦争によってすべて灰になってしまい街から姿を消していました。
戦後に復活した「仙台七夕まつり」の七夕飾りは和紙や竹をふんだんに使った豪華な作りになっており、お祭りに参加された方々は竹と和紙がこすれて奏でる音を聞きながら七夕を楽しむことができます。
一番の見所は「くす玉」の下をくぐるというのは体験しておきたいものです。

⇒ 仙台七夕まつり

神奈川県平塚市 湘南ひらつか七夕まつり

神奈川県平塚市で毎年7月7日を挟んだ前後数日に開催される湘南ひらつか七夕まつりは1951年(昭和26年)から行われているお祭りです。

平塚市は戦争中に大空襲にみまわれた場所(1945年7月)で市内の70%にものぼる場所が焼け野原となってしまいました。
その後、戦後復興事業をすぐに開始し、商業復興策として第一回目の湘南ひらつか七夕まつりが行われることになりました。市内を役2キロにもわたって七夕飾りで装飾してにぎわうお祭りで、装飾や七夕祭りの中で行われるイベントも毎年違った趣向をとりいれることで、現在では湘南ひらつか七夕まつりの期間中に300万人ものひとが集まるお祭りになっています。

⇒ 湘南ひらつか七夕まつり

愛知県安城市 安城七夕まつり

愛知県安城市で毎年8月の第一週の週末の3日間に開かれる安城七夕まつりは1954年(昭和29年)にスタートしたお祭りです。実はこの安城七夕まつりがはじまる2年前に安城市は誕生したばかりの新しい市でJR安城駅周辺の商店街の方々が考案したのが始まりです。
「市民発信のまつり」としても有名な七夕祭りで誕生以来参加する人や地域が増え続け現在では日本三大七夕祭りとして知られるようになりました。
1978年(昭和53年)には「全国郷土祭」に参加し特徴ある竹飾りが披露され、仙台・平塚と並んで日本三大七夕祭りとして広く知れることになりました。

⇒ 安城七夕まつり

地域別の七夕祭り

上記では日本三大七夕まつりを紹介しましたが、国内様々な場所で七夕をお祝いする行事が行われています。地域の特徴が現れていたり、地域を盛り上げるお祭りに参加してみてはいかがですか?

ローソクもらい

⇒ ローソクもらい

七夕馬

七夕人形飾り

大東七夕祭

⇒ 大東七夕祭


日本三大七夕祭り や国内で行われている 七夕 の行事を知ろう関連ページ

七夕の食事|みんなの楽しみ方やレシピ
七夕の時に楽しめる食事について紹介しています。 元々は子どもの成長を願う節句の一つでしたが今では少しずつその意 […]
七夕祭りに参加して面白かったところと参加したいところ
七夕の頃には地域の商店街などでも七夕飾りでにぎわったり、地域のイベントとして七夕祭りを行っている地域もあります […]
七夕に関する雑学・トリビアあれこれ
七夕は言わずと知れた7月7日に短冊にお願いごとを書いてお願いごとをする日です。 とてもなじみの深い七夕に関連し […]
伝統的七夕について知ろう
現在、七夕は7月7日になっていますが、西暦が導入されるまでは旧暦を使用して七夕を決定していました。 太陰太陽暦 […]
日本の七夕伝説を読もう!七夕物語
日本に伝わっている七夕伝説を紹介しています。 一番ポピュラーな物語をここでは紹介しています。お子さま等にお話し […]
世界の七夕伝説はこんなにもおもしろい!
国内では小さい頃から親しみがある七夕ですが、これは実は日本だけの文化ではなく、世界各国で7月7日をお祝いするお […]
七夕の歴史と由来日本に伝わってからの変化
古くの日本には七夕という文化はなく伝わってきたのは平安時代の頃と言われています。 ここでは七夕がどのように日本 […]
七夕のはじまりと由来を学ぼう
今ではほとんどの人が知っている七夕。願い事を短冊に込めてお願いする行事ですがその由来は元々は違った意味から始ま […]

七夕伝説について知ろう

古くから語り継がれている七夕伝説があります。小さい頃から慣れし親しんできた方が多いと思いますが、ここで復習の意味も込めて物語をあらためて発見してみてはいかがでしょう。

⇒ 世界の七夕伝説
⇒ 日本の七夕伝説
⇒ おもしろい!七夕の雑学・トリビア

七夕飾りをしよう

七夕のときに欠かせないものと言えば七夕飾りです。ここではそんな飾りのことについて紹介しています。

⇒ 七夕飾りに必要なモノの意味や由来

天の川を楽しもう

天の川が奇麗に見えるシーズンにあたるのが七夕の頃からです。最も奇麗に見えるこの時期に空に浮かぶ星々が形作る天の川の観測や楽しめる場所などを紹介したいと思います。

⇒ 天の川・天の川銀河について知ろう!
⇒ 夏の大三角形

織姫と彦星のことを学ぼう

七夕伝説の主人公の織姫と彦星のことについて学んでみましょう。2人の関係や割り当てられている星の名前など、織姫と彦星のことを紹介しています。

⇒ 七夕に関する雑学・トリビア

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。