七夕に関する雑学・トリビアあれこれ

*

七夕に関する雑学・トリビアあれこれ

七夕は言わずと知れた7月7日に短冊にお願いごとを書いてお願いごとをする日です。
とてもなじみの深い七夕に関連してとても面白い雑学やトリビアを集めてみました。

おりひめ・ひこぼしの雑学・トリビア

おりひめとひこぼし七夕の主役と言えば織り姫とひこぼしですね。そんな二人ですが小さい頃に聞いていた記憶は美化されてちょっと間違った覚え方をしている人が多いようです。ここではそんな二人についての雑学・トリビアを紹介します。

おりひめとひこぼしは「恋人」ではなかった!!

ふたりの関係は実は夫婦です。天の神さまの計らいによってお見合い?により夫婦になりました。新婚からしばらくの間遊びほうけていたことが原因で引き離され一年に一度だけ会うことを許されるようになったのです。

おりひめのファッションセンスは…ボロ

美男美女と記憶されている方が多いと思いますが、おりひめの身なりは実際には機織りに没頭しすぎて、身なりなどは全く気にしていなかったようです。

おりひめとひこぼしの夫婦別居の距離はなんと約140兆キロ

地球から見たらおりひめとひこぼしの象徴とされている星はちょうど天の川と呼ばれる星々をはさんでいるように見えるのですが、天文観測の技術の向上とともに2人の距離がずいぶんと分かってきているようです。
その距離約140兆キロ……遠距離なんて物じゃありませんね(笑
北海道・稚内から沖縄・石垣島までで約3000kmなので、この約473億倍。
東京―ニューヨーク間が約11,000kmなので、この約129億倍です。

七夕飾りの雑学・トリビア

七夕飾りの短冊何となく教えてもらったから七夕飾りはこんな感じという認識で覚えてしまっているかと思いますが、よくよく考えるとなぜ短冊?なぜ笹?などいろいろ考えだしたらきりがないのが七夕飾りです。

短冊はなぜ五色?

短冊にはなぜ5色の短冊に飾るのかという疑問がわいて調べてみると、それぞれの色には「木・火・土・金・水」が割り当てられていて中国から伝わってきた当初の「五行説」に求めているようです。短冊の色を、赤・青・黄・白・黒の五色とし、墨と同じ色の黒を紫色に代えて使っているのは、宇宙の物の形の移り変わる様子をあらわしているのだとか。

短冊への願いとおりひめひこぼしは関係ない!

実は短冊にお願いごとをすると叶うといった内容は七夕伝説の中では登場しません。
宮中の遊びとして梶の葉に和歌を書いて楽しんでいたことが現在の短冊に願いを書くことの由来となっているようです。

七夕のお願いごとは元々は習字や織物などの上達だった!

今では多くの人が好きなお願いごとを書いている短冊ですが、七夕の時のお願いごとは始まりは、書道や織物などの習い事の上達をお願いするものでした。
現代人の叶えたいお願いがだんだんと複雑化するに伴って変化してきたのが七夕の特徴のようで、始まりのことから考えるとかなり変化にとんだ行事になっているようです。

七夕の食べ物の雑学・トリビア

七夕の日に食べる物というのがあるのをご存知ですか?地域によってはあまり馴染みがないこともあると思いますが、国内で行われている七夕をお祝いする日に食べるものが存在していました。著者の地域では七夕とあまりなじみ深くなかった物でしたがこのような文化があるんですね。

その他の雑学・トリビア

七夕に関する雑学はこの他にもいろいろとあります。
いろんなものが生み出されているのは七夕を大事にしてきたことの現れか?

7月7日はポニーテールの日

日本ポニーテール協会が定めた記念日です。なぜこの日がそのようになったかというと……七夕伝説で織り姫がポニーテールだったから(笑

⇒ 日本ポニーテール協会


七夕に関する雑学・トリビアあれこれ関連ページ

七夕の食事|みんなの楽しみ方やレシピ
七夕の時に楽しめる食事について紹介しています。 元々は子どもの成長を願う節句の一つでしたが今では少しずつその意 […]
七夕祭りに参加して面白かったところと参加したいところ
七夕の頃には地域の商店街などでも七夕飾りでにぎわったり、地域のイベントとして七夕祭りを行っている地域もあります […]
日本三大七夕祭り や国内で行われている 七夕 の行事を知ろう
国内で行われている七夕の行事を紹介したいと思います。 各地で行われている農業に関係のあるお祭りであることが多い […]
伝統的七夕について知ろう
現在、七夕は7月7日になっていますが、西暦が導入されるまでは旧暦を使用して七夕を決定していました。 太陰太陽暦 […]
日本の七夕伝説を読もう!七夕物語
日本に伝わっている七夕伝説を紹介しています。 一番ポピュラーな物語をここでは紹介しています。お子さま等にお話し […]
世界の七夕伝説はこんなにもおもしろい!
国内では小さい頃から親しみがある七夕ですが、これは実は日本だけの文化ではなく、世界各国で7月7日をお祝いするお […]
七夕の歴史と由来日本に伝わってからの変化
古くの日本には七夕という文化はなく伝わってきたのは平安時代の頃と言われています。 ここでは七夕がどのように日本 […]
七夕のはじまりと由来を学ぼう
今ではほとんどの人が知っている七夕。願い事を短冊に込めてお願いする行事ですがその由来は元々は違った意味から始ま […]

七夕伝説について知ろう

古くから語り継がれている七夕伝説があります。小さい頃から慣れし親しんできた方が多いと思いますが、ここで復習の意味も込めて物語をあらためて発見してみてはいかがでしょう。

⇒ 世界の七夕伝説
⇒ 日本の七夕伝説
⇒ おもしろい!七夕の雑学・トリビア

七夕飾りをしよう

七夕のときに欠かせないものと言えば七夕飾りです。ここではそんな飾りのことについて紹介しています。

⇒ 七夕飾りに必要なモノの意味や由来

天の川を楽しもう

天の川が奇麗に見えるシーズンにあたるのが七夕の頃からです。最も奇麗に見えるこの時期に空に浮かぶ星々が形作る天の川の観測や楽しめる場所などを紹介したいと思います。

⇒ 天の川・天の川銀河について知ろう!
⇒ 夏の大三角形

織姫と彦星のことを学ぼう

七夕伝説の主人公の織姫と彦星のことについて学んでみましょう。2人の関係や割り当てられている星の名前など、織姫と彦星のことを紹介しています。

⇒ 七夕に関する雑学・トリビア

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。