三歳の七五三のお祝いは、それまで剃っていた髪を伸ばし始める「髪置きの儀」が由来のもの。三歳の女の子和装の祝い着は、晴れ着に帯を結ばずに、兵児帯を晴れ着に巻き、その上から被布と呼ばれる袖なしの上着を羽織るのが一般的です。また、三歳の晴れ着はお宮参りでの掛け着を仕立て直して使うことも出来ますし、この着物と被布はお正月や桃の節句の晴れ着としても着用できます。手許には着物にあった巾着を持ち、足許は、ぽっくりやこっぽりと呼ばれる、少し高めの草履を履きます。
また、着物姿に合わせてヘアスタイルはアップスタイルにするのがおすすめです。三歳ですとまだ毛量が少ないので、花かんざしやリボンなどを用いてふんわりと華やかかつ可憐にまとめます。



行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

七五三

子供の成長を祝い3歳5歳7歳の時にお祝いをする古くから伝わる子供の行事が七五三です。