七五三は、三歳、五歳、七歳の子供のお祝いです。でも七五三のお祝いを「満年齢」でする場合と「数え年」でする場合があります。果たしてどちらが正解なのでしょうか。
・「満年齢」と「数え年」とは
「満年齢」とは、出生児は0歳で、以後誕生日を迎える度に一歳ずつ加齢していく年齢の数え方です。「数え年」は、出生児には1歳(つまりお腹の中で年を取っている)であり、それ以降正月を迎える度に一歳ずつ加齢してく数え方です。
江戸時代までは日本では数え年が一般的でしたが、明治以降現代まで満年齢での年齢表記が一般的になっています。
・七五三はどちらでお祝いするのか?
七五三は、かつては数え年で祝っていましたが、現代ではどちらでお祝いしても差し支えないとされています。各家庭の都合や地域の慣例、何よりも子供の成長過程に合わせて柔軟にお祝いの年齢を決めることをおすすめします。



行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

七五三

子供の成長を祝い3歳5歳7歳の時にお祝いをする古くから伝わる子供の行事が七五三です。