お孫さんや甥や姪、または親しい人のお子さんが七五三を迎えるとき、何かしらのお祝いを贈ることを考えるのではないでしょうか。でもいったいいくらお祝いを差し上げたらよいのか迷うものです。

お祝い金の相場

地方毎のしきたりはありますが、一般的なお祝い金の相場は、孫へのお祝いは一万円〜数万円、甥姪へのお祝いは五千円〜一万円、身内ではないが親交のある子供へのお祝いは三千円〜五千円と言われています。

お祝いを贈る時期

お祝いは式の前に届くようにするのが望ましいもの。七五三の場合は11月の初旬から15日までにお渡しできるように心がけましょう。

また、七五三当日に招かれているなら当日にお渡しで良いでしょう。

お祝い金の表書きは「七五三御祝」でしたら何歳の御祝いでも使うことが出来ますが、三歳の場合は「御髪置御祝」、五歳は「御袴着御祝」七歳は「御帯解御祝」という表書きも使われます。

お金ではなくお祝いの品を贈る場合

祖父母からのお祝いは、お金ではなく品物の場合も。
代表的な品として晴れ着が挙げられますが、帯やかんざしなどの当日に必要な小物や、お祝い膳の会食代の場合もあります。

また、お祝いを品物で贈る際は、事前に子供の両親に希望を聞いておくことが大切です。



行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

七五三

子供の成長を祝い3歳5歳7歳の時にお祝いをする古くから伝わる子供の行事が七五三です。