初節句の時の食事、外食が良いのか、自分たちで作るものなのか。祖父母の世代では自分たちで作ってみんなで食べる。そんな風習が現代では変化はしているのか?というのは気になるところです。

そこで、現在ご協力いただける方々からアンケートを集めることで、周りのみんなの初節句の時の食事に関しての参考になるアイデアや体験談をあつめてみることにしました。

それぞれのご家庭や地域によって大事にされている風習などの違いはあるものですが、実際に初節句の時の食事について同じように悩まれ、体験された方のアイデアを活かすこともとても大事で子どものためにも、祖父母のためにもとても大事なことと思います。

行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

七五三

子供の成長を祝い3歳5歳7歳の時にお祝いをする古くから伝わる子供の行事が七五三です。