松代城

松代城は北信濃の重要拠点として有力武将が次々と入城

武田信玄が築いた松代城は、信玄の右腕として知られる山本勘助が縄張をした城として有名である。北信濃支配の要所であり、「川中島の戦い」の舞台ともなっている。

城主が頻繁に代わった城としても知られ、武田氏以降、織田氏、上杉氏、豊臣氏、徳川氏の家臣が入城している。それに伴い城名も変えられ、築城当初は海津城と呼ばれていたが、待城、松城と変化し、真田幸道が城主のころに松代城と改められた。

近世城郭の平城であるが土塁を用い、「武田流築城法」のひとつである三日月堀が張り巡らされていた。城は明治に入り廃城となるも、現在は櫓門、本橋、土塁などが往時のものに近い状態で再現されている。

関連記事

  1. 今治城

  2. 広島城

  3. 福岡城

  4. 姫路城

  5. 岐阜城

  6. 高取城