カテゴリー:名城と観光ガイド

  • 名古屋城

    名古屋城にて家康による天下普請の命が下る 勇壮な金鯨をいただいた大天守を持つ名古屋城は、御三家筆頭尾張徳川家の居城として威容を誇る。明治に入って廃城を免れたものの、第二次世界大戦末期、昭和初年(1945)5月14日の米…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今帰仁城

    今帰仁城は北山の王の居城は今では世界遺産に 沖縄本島北部に位置する今帰仁城は、中国や東南アジアなどの陶磁器が出土する城跡であり、世界遺産にも登録されている。もともとは琉球王国成立以前に存在した北山の国王・北山王の居城で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 鹿児島城

    鹿児島城は今も残る石垣には西南戦争の弾痕が 慶長6年(1601)、島津家久に築城された鹿児島城。しかし、家久とその父・義弘の間には築城にあたって意見の対立があった。度重なる戦で藩の財政状況が逼迫していたこと。築城予定地…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 飫肥城

    飫肥城は伊東氏と島津氏による日本史上最長の攻防戦 猷肥城は日向の地の武士団、土持氏が築城したのがはじまりとされる。時代は下って長禄2年(1458)、薩摩国の島津氏が、日向国の伊東氏南下に備え、祈納忠綜を歓肥城に入城させ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 岡城

    岡城は敵を本丸に近づけぬ難攻不落の山城 作曲家、滝廉太郎の『荒城の月』は、岡城跡からイメージを得ているとされる。城には廉太郎の銅像が、九重連山の山並みを眺められる所に建てられており、時折哀愁のメロディーが鳴り響く、何と…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大分府内城

    大分府内城は整備された城下町が大分市の基礎になる 慶長2年(1597)、福原直高により着工され、2年後に完成を迎えた。築城当初は「荷落(交易)」の場所に城地を定めたことから「荷落城」と呼ばれることになっていたが、落ちる…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人吉城

    人吉城は壮大な歴史を持つ相良氏代々の居城 日本三大急流のひとつに数えられる球磨川が城の石垣を洗う人吉城は、遠江国・相良の出身で人吉荘の地頭に任じられた相良長頼が築城。以後、人吉城は廃藩置県までの約700年に渡り存続する…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 平戸城

    平戸城は三方を海に固まれる天然の要塞 長崎県北部の豪族であった松浦氏は豊臣秀吉の「九州征伐」の際に肥前北部及び壱岐を安堵され、「関ヶ原の戦い」後は徳川家康より6万3千石の領地を安堵されたことにより平戸藩を治める藩主とな…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 名護屋城

    名護屋城は豊臣秀吉によって造られた大陸侵攻の拠点となった城 文禄・慶長の役に際して、朝鮮出兵の拠点として築かれたのが名護屋城だ。玄界灘を一望する波戸岬の丘陵にそびえ立つこの城は、げ万平方mもの面積を誇る巨城で、当時とし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大野城

    大野城は大陸からの侵攻に備え飛鳥時代に築かれた城 大宰府北方の四王寺山にあった大野城は、飛鳥時代に九州防衛の要所として築かれた朝鮮式山城である。天智天皇2年(663)白村江の戦いで敗れ、九州(主に大宰府)警備のために力…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

気になる合戦

  1. 桶狭間の戦い

  2. 千早・赤坂城の戦い

日本の城と人物

  1. 豊臣秀吉ゆかりの城

  2. 織田信長ゆかりの城

  3. 徳川家康ゆかりの城

ページ上部へ戻る