2017年の秋分の日は
9月23日(火曜日)

秋分の日とは毎年9月23日頃に訪れる国民の祝日としても知られる日です。
秋分の日のもつ意味は「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」として定められている秋分の日が制定されたのは1948年に法律によってさだめられました。

秋分の日は祝日法といって国民の祝日を決める際には「秋分日」として登録されており、春分の日と同じく昼と夜の長さが同じ日として知られています。
この日から二十四節気の秋分が始まりますそしてここから春分の日までの期間は昼よりも夜の時間が長くなります。

秋分の日は先祖を供養する日

春分の日と同様に秋分の日は先祖を供養する日となっています。昼夜の長さが同じといっても夏が空けてから間もない事もあり春分の日よりも平均気温には10度位の違いがあります。

まだまだ暑い頃ですがこの日を境に前後3日間を秋彼岸といってお彼岸の期間になります。家族そろってお墓参りを行うなど先祖との関わりを大事にする期間と考えられています。

秋分の日の先祖の供養の仕方

秋分の日の前にお墓の掃除や仏壇のお掃除を行い綺麗な状態にして当日を迎え流準備をします。

供え物としては季節に合わせたものを準備しましょう秋分の日に「萩の花」にちなんだ「おはぎ」を準備してお供えをします。地域によってはお供えするものは変わってきますが団子や海苔巻き、赤飯などをお供えするところもあります。

秋分の日に供養をする行事のことをお彼岸と呼びます

秋分の日に控えておきたいこと

供養をする期間、秋分の日には肉などの動物を食べるのを控える習慣があります。精進料理をいただいたり、お供えしたものと同じものを食したりすることで供養とするところもあるようです。

お墓参りをしたりお寺で「彼岸会法要」を行う場合

春分の日・秋分の日はお墓まいりやお仏前などで先祖を供養される方が多くいらっしゃいますが、期間中はお寺では「彼岸会法要」というのが行われています。
お寺さんとおつきあいが深い場合やきちんとした形で行いたいという時には「彼岸会法要」が行われているのかを先祖の供養を行ったお寺にお問い合わせをしてみてください。

基本的には参加は無料で行われていますがお布施をを包むのであれば2千円〜5千円ほどの金額を包むかお菓子などを持参するなどをしましょう。

秋分の日に先祖を供養する信仰のはじまり

春分の日と秋分の日に昔は農村部では豊作を祈る自然信仰がありました。
祖先の霊は山の神さまとして伝えられていて、春分の日に山へ先祖の霊を迎えにいき豊作をお願いしていました、そして秋分の日以降に豊作へのお礼を込めて先祖の霊を送り出すといった儀式が行われていました。

その後に広まった仏教のの「秋の彼岸」が同じような意味をもち、現代のお彼岸という行事を形作っていると言われています。

秋分の日の決め方と計算式はどのようになっている?

春分の日・秋分の日が決められるのは前年の2月1日に日付が書かれた暦要項(れきようこう)が官報に掲載される事で決定されます。

それをもとにカレンダー等を作っている業者などは暦に春分の日と秋分の日を記載する事になりますが、この日を決定するのには計算式があります。

秋分の日を外国の人に英語で教えてあげると?

外国の方に日本の国民の祝日の意味や由来しているものなどを紹介するときに英語で教えてあげる事で日本人の心の持ち方などを理解してもらう事に役立ちます。

ここでは秋分の日を英語で説明するときに使える文章を紹介していきます。

現在国立天文台で発表されている2030年までの秋分の日

2010年 9月23日(木)
2011年 9月23日(金)
2012年 9月22日(土)閏年(うるうどし)
2013年 9月23日(月)
2014年 9月23日(火)
2015年 9月23日(水)
2016年 9月22日(木)閏年(うるうどし)
2017年 9月23日(土)
2018年 9月23日(日)
2019年 9月23日(月)
2020年 9月22日(火)閏年(うるうどし)
2021年 9月23日(木)
2022年 9月23日(金)
2023年 9月23日(土)
2024年 9月22日(日)閏年(うるうどし)
2025年 9月23日(火)
2026年 9月23日(水)
2027年 9月23日(木)
2028年 9月22日(金)閏年(うるうどし)
2029年 9月23日(日)
2030年 9月23日(月)

ちょっと気になる閏年(うるうどし)の時の秋分の日はどうなる?

閏年(うるうどし)というのは言わずもがな年間の日数が364日の年の事です。その年の秋分の日は1日早く訪れる事になっています。

2000年〜の閏年はこのようになります
2000年、2004年、2008年、2012年、2016年、2020年、2024年、 2028年、2032年

秋分の日の計算式
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1454974.html

国立天文台
http://www.nao.ac.jp/faq/a0301.html

秋分は秋の第十六節気とされて秋の雰囲気が一段と深まる始まりの頃になります。秋分の日は昼と夜の長さが同じになる日と言われています。実際には少し違うと言われているようですが、国立天文台がずいぶんと先までの期間の秋分の日を発表しています。暑さ寒さも彼岸まで。秋彼岸にはすっかり涼しく過ごしやすくなっています。

秋分の日の頃の大きな行事と言えばお彼岸があります。春分の頃にも同じくお彼岸がありますがこれはどちらも太陽が真東からあがって真西に降りていく日とされています。
この事から日照時間の変化が逆転していく事から「暑さも寒さも彼岸まで」と言われるような言葉が生まれました。

国民の祝日としてもうけられている秋分の日、この日がどのような季節を感じる事ができるの紹介していきます。

秋分の頃の行事

秋彼岸
秋彼岸になるとめっきり涼しさが増します。お墓参りに行く頃、秋の七草が咲き乱れています。花も茎も見事に黄色に色づいた女郎花(オミナエシ)、萩、すすき。

鱗雲(うろこぐも)
すっかり秋めいた空を見上げると、小さな雲片が群れとなって魚の鱗のように見えるのは秋の風物詩にもされている鱗雲です。

秋分の頃の歌うた

松茸を 貰うてばかり たうべけり
梓月(しげつ)

秋刀魚焼く 匂の底ヘ 日は落ちぬ
楸邨(しゅうそん)

熟田津に 船乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな
額田 王  万葉集(巻一・八)

栗食むや 若き哀しき 背を曲げて
波郷

秋分七十二節気

秋分 四十六候 初候2014年 9月23日〜27日
雷乃収声(かみなりのこえをおさむ)
雷が鳴り響かなぐなる

秋分 四十七候 次候2014年 9月28日〜10月2日
蟄虫坏戸(すごもりのむしとをとざす)
虫が土中に掘った穴をふさぐ

秋分 四十八候 末候2014年 10月3日〜7日
水始涸(みずはじめてかれる)
田畑の水を干し始める