前厄の年の過ごし方

前厄とは本厄の前の年、数え年で男性ならば24歳41歳60歳が当たり、女性の場合は18歳32歳36歳が当たります。

前厄についてのとらえ方は様々です。
大きな災厄の前触れが起きる年、と考える人もいますし、厄年として本厄の年と同じように慎重に過ごさなければ、と考える人もいますし、逆に本当の災厄は厄年のみに起こるのだから前厄の1年は普通に過ごすと言う人もいます。
前厄と言っても大厄の前の年(男性41歳と女性32歳)だけを注意すればいいと考える人もいます。

したがって厄除け・厄払いの祈祷を受けるべきか、という問題に対しても前厄・本厄・後厄の3年間欠かさず厄除け・厄払いを受けるべきだと考える人いますし、本厄の年にだけ受ければ十分と考える人もおり、前厄についての考えは人によって様々に違うものです。

ですので厄除け・厄払いを受けるのか、どのように1年を過ごすのかはそれぞれの信条に基づいて過ごせば良いでしょう。
どうすればいいのか分からない場合は家族に聞いてみるのも良いでしょう。しかしあまりにも慎重になりすぎてしまうのは考えものです。

また本厄の年には新しいことを始めないほうが良いとも言われます。
しかし厄年でも親戚の結婚や葬式は厄逃れになるとも言われます。
出産も子どもを産み落とすのと同時に厄が落ちるとも言われています。
最近は30代に入ってから結婚を決める人も増えています。
厄年に当たるからといってせっかくの縁談を先延ばしにしてしまうのはもったいないことです。
もし良縁があれば話を進めていく方が良いでしょう。



国内の厄払いができる神社一覧

全国の厄払いを受け付けている神社をまとめてみました。都道府県別に見る事ができます。

【北海道・東北】
・北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県

【関東】
・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県千葉県 ・東京都 ・神奈川県

【中部/】
新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県

【近畿】
三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県

【中国・四国】
岡山県広島県鳥取県島根県山口県徳島県香川県愛媛県高知県

【九州・沖縄】
福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

厄年について

厄払いについて

贈り物

豆知識

厄年の早見表|西暦|和暦