厄除け・厄払い〜祈祷の流れ

神社や寺で祈祷を受けた経験といっても子どもの時に受けた七五三以来、という人も多いのではないでしょうか。
いざ厄除け・厄払いのために祈祷を受けようと思ってもどうすればいいのかわからないと躊躇している人も多いのではないかと思います。

厄除け・厄払いの祈祷を受けるための基本的な流れは神社でもお寺でも変わらないようです。
まず、電話などで事前に予約をしておきましょう。
これは場所によっては不要で当日申し込みそのまま祈祷を受けることも可能な場合もあるようです。
当日は受け付けで申込用紙に記入をし、そこで祈祷料を納めます。
その後祈祷する場所に向かい、祈祷をする人もしくはその補助の方と最終打ち合わせをします。この時確認されるのは名前の読みの確認などになります。
そして祈祷が行われます。
最後に厄除けのお守りやお札などが渡され終了です。
かかる時間としては20分から30分程度のことが多いようです。

厄除け・厄払いの大祭などを行うような大きな神社やお寺の場合、期間中は大変混みあうことが予想されます。
事前に予約をすることが必要ですし、参加人数が多ければ所要時間も長くかかる可能性もあります。
当日は余裕を持った予定作りをしておきましょう。

最近は神社やお寺もホームページを充実させています。
そちらを事前にチェックして厄除け・厄払いの大祭があるのかどうか、申し込みをどのようにすればいいのか確認しておきましょう。

祈祷に際しわからないこと、不安に感じることなどある場合は事前に神社やお寺に連絡し、確認してみるのも良いでしょう。
また多くの人が厄除け・厄払いを1月や2月の寒い時期に受けることになります。
お寺や神社によっては暖房も用意されていないようなところもありますので、しっかりと防寒対策をしてから臨むようにしましょう。



国内の厄払いができる神社一覧

全国の厄払いを受け付けている神社をまとめてみました。都道府県別に見る事ができます。

【北海道・東北】
・北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県

【関東】
・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県千葉県 ・東京都 ・神奈川県

【中部/】
新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県

【近畿】
三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県

【中国・四国】
岡山県広島県鳥取県島根県山口県徳島県香川県愛媛県高知県

【九州・沖縄】
福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

厄年について

厄払いについて

贈り物

豆知識

厄年の早見表|西暦|和暦