後厄とは?

*

後厄とは?


後厄の年の過ごし方はどのようにされていますか?

本厄の年が過ぎると後厄に入ります。
具体的に言うと数え年で男性なら26歳43歳62歳、女性の場合は20歳34歳38歳となります。

前厄と同じく後厄のとらえ方にも人によって違いが見られます。
本厄の年と同じく何か悪いことが起こりうると考える人もいますし、本厄の年よりも大きくはないけれど何かしら悪いことが起きると考える人もいます。
かと思えば本厄は過ぎたのだからもう厄年は終わり、と考える人もいます。
しかし本厄が終わったのだから全て終わりと過ごすのではなく、まだ厄年なのだからという心つもりを持っていくことも重要ではないでしょうか。

後厄の厄除け・厄払いについては

前厄の項に書いた通り3年きっちり祈祷を受ける方もいますが、本厄の年にだけ祈祷は受けるという人もいます。
厄除け厄払いの祈祷を受けた人の中には後厄の後の4年目つまり厄が開けた後にお礼参りとして祈祷を受ける方もいます。
これは地域によっても違いますし、それぞれの家庭の信条や宗教によっても違ってくるものだと思いますので迷った場合は家族や周りの人に聞き、どのタイミングで厄除け・厄払いの祈祷を受ければいいのかを相談してみましょう。

前厄の年と同じく後厄の年に結婚や出産というイベントを迎えることもあると思います。
後厄だから、と結婚や妊娠・出産などをマイナスに考えることなく前向きに考えていきましょう。
良縁は時期を逃せば去っていくものですから、せっかくの縁ですから進んでつかめるようにしましょう。
出産についても産むことで厄落としにもなろといわれるため、元気なお子さんを産んだ後にはお礼参りをするなど、感謝を持って訪れた幸せを感じるようにしましょう。

後厄はいつまでの期間?

出来れば早く抜け出したい厄年です、後厄は厄年を抜ける年ということもあって早く抜け出したいと考えている方も多いと思います。

そこで後厄はいつまでなの?というを思われている人がいらっしゃると思います。これは、数え年によって厄年を決められていることもあって次の節分までの間が後厄であるとされています。

後厄とは?関連ページ

小厄について
厄年はその中でも大きな厄である年齢が注目されがちですが、実は3年おきに訪れる小厄というものがあります。 この著 […]
厄明けはいつ?|厄開け祝いにお返しやお参りをしよう
厄年をすぎて最初の年は厄明けといって無事に過ごしたことへの感謝をこめて厄開け祝いや、お世話になった神社へのお参 […]
本厄・大厄とは?
本厄・大厄の年の過ごし方 一般に厄年と呼ばれるのはこの本厄のことを指しています。 この本厄の前後1年ずつを前厄 […]
前厄とは?
前厄の年の過ごし方 前厄とは本厄の前の年、数え年で男性ならば24歳41歳60歳が当たり、女性の場合は18歳32 […]