厄年の時に気になるのが、人生の大事な岐路である結婚・妊娠・出産です。

厄が訪れる年として一般的には良くないと思われている年齢だけに実際のところはどうなのでしょうか?

厄払いをしている神社などで言われていることを例に紹介していきたいと思います。

厄年のときに結婚はしてもいいの?

結婚を決めるタイミングというのはひとそれぞれあります。タイミングによっては厄年の時に結婚を意識することもあるでしょう。というのも年齢的に結婚をする方が多い時期に厄年を迎える方も最近ではとても多いからです。

男性の厄年 25歳・42歳・61歳
女性の厄年 19歳・33歳・37歳

が厄年にあたります。女性のほうが比較的若いときに訪れることから毛根を意識するタイミングが結婚のタイミングというのも多いかと思います。

結論から言うと特に気にしなくていいというのが厄払い等をされている神社の考えです。それはなぜかというのは、そもそもなぜその年齢が厄年にあてはめられているのかということに由来しています。

この記事の一番下に厄年の時に結婚、妊娠、出産をしていいのかの一般的な考えを掲載しています。

厄年のときに妊娠・出産はしてもいいの?

厄年の時の妊娠や出産が重なってしまうことに不安を抱えている方も多いと思います、年齢的に若い頃に厄年や本厄を迎えることから、ちょうど厄年の年齢でこのタイミング二なりやすいものです。

一般的に、出産は厄年のときに男の子をもうけると良いとかなんとか言われていますが結論から言いますとあまり関係ありません。

厄年の時に妊娠や出産をされているからどうなった等と言ったこと統計上、特に変化はないようです。

次の項目ではなぜ厄年の時に妊娠や出産をしても問題ないのかについて紹介したいと思います。

そもそも厄年はどのようにして決められていたのか?

厄年が男性と女性で違いがあります。これはなぜこのように決められている岡と言う成り立ちについて考えてみると、この時期に結婚・妊娠・出産をどうしたら良いのか?という疑問の答えに近づいて行けると思います。

男性の場合25歳・42歳・61歳が厄年

男性の厄年
男の厄年がこの年齢の決められ理由として、25歳というのは青春期にあたり、考えなしの行動に出てしまいがちなことから悪いことへ手を染めてしまいがちな年齢ということからだそうです。

42歳は高年期への過渡期で重要な役職などについて心身への負担やストレスが高ま屡次期と考えられています。これは42歳の時の本厄を別名「役年」ともよばれ役職へついたことへのお祝いをする地域があることでも分かると思います。

61歳の時の厄年というのはちょうど還暦にあたり「役を降りる」ことにもありますが、退職などで生活スタイルが一変してしまう年齢によるものとされています。

女性の場合19歳・33歳・37歳が厄年

女性の厄年
女の厄年がこの年齢に決められた理由としては特に妊娠や出産に関わることが中心に考えられて年齢を決められているようです。19歳は出産や卵巣の機能が落ち着いてきて妊娠・出産をする準備が整う頃、33歳は



国内の厄払いができる神社一覧

全国の厄払いを受け付けている神社をまとめてみました。都道府県別に見る事ができます。

【北海道・東北】
・北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県

【関東】
・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県千葉県 ・東京都 ・神奈川県

【中部/】
新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県

【近畿】
三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県

【中国・四国】
岡山県広島県鳥取県島根県山口県徳島県香川県愛媛県高知県

【九州・沖縄】
福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

厄年について

厄払いについて

贈り物

豆知識

厄年の早見表|西暦|和暦