女性の厄年について解説していきたいと思います。
男女で違う年齢がおとずれるのが厄年ですが、女性の厄年は10代〜30代でそのほとんどが訪れます。現代ではちょうど結婚や妊娠、出産などを控える人が多い年齢の頃に厄年が訪れてしまうのはなんだかね、、、

そこでこの記事の中では女の厄年でやって良いことや悪いことはあるのか?などもふまえて読み進んで見てください。

まずは厄年の年齢の数え方です。



2017年(平成29年)の女の厄年、本厄

女性の厄年

19歳…1999年(平成11年)生まれの女性
33歳…1985年(昭和60年)生まれの女性-大厄
37歳…1981年(昭和56年)生まれの女性
61歳…1957年(昭和32年)生まれの女性

前厄 本厄 後厄
18歳
2000年
平成12年生まれ
辰年(たつ)
19歳
1999年
平成11年生まれ
卯年(うさぎ)
20歳
1998年
平成10年生まれ
寅年(とら)
32歳
1986年
昭和61年生まれ
寅年(とら)
33歳
1985年
昭和60年生まれ
丑年(うし)
34歳
1984年
昭和59年生まれ
子年(ねずみ)
36歳
1982年
昭和57年生まれ
戌年(いぬ)
37歳
1981年
昭和56年生まれ
酉年(とり)
38歳
1980年
昭和55年生まれ
申年(さる)
60歳
1958年
昭和33年生まれ
戌年(いぬ)
61歳
1957年
昭和32年生まれ
酉年(とり)
62歳
1956年
昭和31年生まれ
申年(さる)

2018年(平成30年)の女の厄年、本厄

女性の厄年

19歳…2000年(平成12年)生まれの女性
33歳…1986年(昭和61年)生まれの女性-大厄
37歳…1982年(昭和57年)生まれの女性
61歳…1958年(昭和33年)生まれの女性

前厄 本厄 後厄
18歳
2001年
平成13年生まれ
巳年(へび)
19歳
2000年
平成12年生まれ
辰年(たつ)
20歳
1999年
平成11年生まれ
卯年(うさぎ)
32歳
1987年
昭和62年生まれ
卯年(うさぎ)
33歳
1986年
昭和61年生まれ
寅年(とら)
34歳
1985年
昭和60年生まれ
丑年(うし)
36歳
1983年
昭和58年生まれ
亥年(いのしし)
37歳
1982年
昭和57年生まれ
戌年(いぬ)
38歳
1981年
昭和56年生まれ
酉年(とり)
60歳
1959年
昭和34年生まれ
亥年(いのしし)
61歳
1958年
昭和33年生まれ
戌年(いぬ)
62歳
1957年
昭和32年生まれ
酉年(とり)

女性の厄年の年齢と数え方?

女の厄年で気になる一つ目は年齢と数え方です。普段自分の年齢はご存知かと思いますが厄年の年齢を数える時には少し違いがあります。

誕生月で1つ歳を取るのでなく、お正月を迎える度に1つ歳をとるのです。

ですので誕生日を迎える前であれば現在の年齢に+2歳。誕生日を迎えた後であればプラス1歳を加えましょう。この数え方は「数え年」という数え方で日本では儀式などではこちらの年齢の数え方を基準に考えられていることも多いので知っておくと便利です。

女性の本厄は19歳、33歳、37歳

これに加え前後1年ずつを前厄、後厄といって警戒すべき時期とされています。
特に33歳の厄は大厄と呼ばれており、最も良くないことが起こり易い年とも言われています。
厄除け・厄払いなどを受けて悪いことが起きないように努めましょう。



女性の厄年は何歳?

女性の厄年 前厄 本厄 後厄
一度目 18歳 19歳 20歳
二度目 32歳 33歳 34歳
三度目 36歳 37歳 38歳
四度目 60歳 61歳 62歳

女性の厄年は人生で4回訪れます。本厄の前の年を前厄、後の年を後厄と考えると合計で12年あります。

ただ61歳の時の厄年に関しては地域や宗教の違いがあるようで男性だけの場合もあるようです。



女性の厄年の数え方は?

女性の厄年の数え方は数え年?男性女性に関わらず言えることですが厄年の数え方は数え年の年齢になります。
数え年の場合は母親のおなかの中にいる月日も命と考えられている為そのように数えられます。

そのため生まれた年は0歳ではなく1歳と数えることになるため数え年が厄年ということになります。

厄年の数え方はご自身の地域や宗教によっては旧暦を使って数える方法に従っているところもあるようです。

この場合の数え方は立春(2月4日頃)から年の始まりとして考えられているものですから、立春前に生まれた早生まれの方は前の年が生まれた年として数えられます。

例を上げると昭和50年1月11日生まれの人は昭和49年生まれになります。
不安がある場合はご自身がお世話になっている神社で訪ねると良いでしょう。

2016年(平成28年)の女性の厄年

西暦年号前厄本厄後厄
2016年平成28年1999年
平成11年生
(18歳)
うさぎ
1998年
平成10年生
(19歳)
とら
1997年
平成9年生
(20歳)
うし
1985年
昭和60年生
(32歳)
うし
1984年
昭和59年生
(33歳)
ねずみ
1983年
昭和58年生
(34歳)
いのしし
1981年
昭和56年生
(36歳)
とり
1980年
昭和55年生
(37歳)
さる
1979年
昭和54年生
(38歳)
ひつじ
1957年
昭和32年生
(60歳)
とり
1956年
昭和31年生
(61歳)
さる
1955年
昭和30年生
(62歳)
ひつじ

※()内の年齢は数え年での年齢です

女性にとって気になること結婚・妊娠・出産

女性の厄年(結婚・妊娠・出産)厄年という響きから女性に取って気になることを紹介します。それはなんといっても恋愛や結婚、妊娠、出産と行ったことが上げられると思います。

女性にとって人生でとても大事なことのためとても気になってしまうことだと思いますが、そもそも成り立ちを考えるとそこまで気にする必要もないようです。

女性にとって特に気になる出産などに関しては子を授かれば厄を落としてくれるなど悪いことばかりではありませんし、そんなに気にしないという人が大多数をしめています。

厄年だからといって積極性をなくしてしまうことの女性がいらっしゃいますが、何か気が乗らなくて落ち込みがちになってしまうためそちらの方が良くないように思います。

心の持ちようで、悪いことが起きたらあまり気にしない位の気構えで今まで通り生活をされること、それでも気になる場合は厄払い等を取り入れて気持ちの面でもすっきりしておくことが大切だと思われます。

厄年の女性に送ってあげるものは何が良い?

女性の友人で厄年であることを不安に思われている方や、何か調子がいまいち上がらないと言う方へ
何かしてあげることはできないものか?と考えている優しいあなた。

実は女性の厄年の時に渡してあげるとよいといわれるモノの特徴があるのをご存知ですか?

⇒ 厄年の女性への贈り物はなにがいい?

⇒ 男性の厄年の年齢は?男の厄年のやって良いこと悪いこと



国内の厄払いができる神社一覧

全国の厄払いを受け付けている神社をまとめてみました。都道府県別に見る事ができます。

【北海道・東北】
・北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県

【関東】
・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県千葉県 ・東京都 ・神奈川県

【中部/】
新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県

【近畿】
三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県

【中国・四国】
岡山県広島県鳥取県島根県山口県徳島県香川県愛媛県高知県

【九州・沖縄】
福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

厄年について

厄払いについて

贈り物

豆知識

厄年の早見表|西暦|和暦