蛭子命、その名は夷三郎?西宮の福の神

*

蛭子命、その名は夷三郎?西宮の福の神

夷の神と三郎の神
これまでに記したように、福の神としての恵比寿信仰は、まず蛭子命を祭る西宮神社によって広められ、そののちに事代主神を祭る恵比寿信仰が作られたと考えられる。前に記したように西宮の夷神と二郎神とは別の物であったが、この二柱の神が結びつけられて夷三郎という名前の神になり、日本神話の水蛭子と結びつけられた。

そのため西宮では、「蛭子」と書いて、「えびす」とも「ひるこ」とも訓む。そして水蛭子(蛭子命)は淡路島から西宮に流れついたといわれた。

「伊失諾尊と伊美再尊に葦船に乗せられた。海に流された蛭児は、摂津国西の浜(西宮)の海岸に漂着した。この時土地の人びとが蛭子命を拾って、夷三郎殿と呼んで大事に育てた。夷二郎殿が、人びとに福を授ける戎大神である」というのである。淡路島とその近くの西宮の間の船を用いた交易が日常的に行なわれる中で、恵比寿様が淡路島から来たという話が生まれたのだろう。それは民話に多くみられる、親から見放された子がのちに立派な大人に成長するという貴種流離謂の形をとっていた。

西宮神社の発展

室町時代に書かれた『神道集』の中に、伊失諾尊と伊美再尊の夫婦が、この世の主を儲けようとして一女三男を産んだという記事がある。 一女が蛭児尊(蛭子命)で、三男が太陽の神の天照大神、月の神である月読尊、素妻鳴尊だというのである。

これは西宮から淡路島に伝わった、西宮恵比寿関連の伝説をもとに記された記述だと考えられている。

また江戸時代の西宮神社の主張の一つに、このようなものがある。「西宮神社の祭神は、日の神、月の神の次に生まれた神として夷三郎と名付けられた」恵比寿様が西宮で皇室の祖先神である天照大神に近い地位の神であると称えられていたありさまがわかる。

西宮神社は、もとは広田神社の摂社であった。しかし室町時代には西宮神社の名が広まり、本社である広田神社の名を覆い隠してしまうほどになった。

応永20年(1411)に天皇の代理として広田神社参拝を行なった神祗伯(朝廷の祭祀を統轄する官職)の資忠王は、この時資忠王は西宮神社に参ったのちに広田神社に赴いた。永正11年(1504)に広田神社に参った神祗伯忠富王も西宮神社、広田神社の順に参拝している。

蛭子命、その名は夷三郎?西宮の福の神関連ページ

恵比寿様は最も日本人に馴染みのある七福神
全国に千五百社ある恵比寿神社 日本では御稲荷様、八幡様などの多様な神様が祭られている。数の多い神社を、表にして示しておこう。これをみると、七福神を祭る神社の数が少ないことがわかる。大国主命は日本神話の中の有力な神様だが、 […]
恵比寿様の父は大黒様?
大黒天と恵比寿様をならべて祭る 戦国時代に、大黒天と恵比寿様をならべて祭る習俗が京都で起こり、各地に広がった。この時期に商工民の間で大黒天と恵比寿様が特別に御利益のある福の神だとする考えが普及したことによるものである。 […]
農民まで夢中にした恵比寿様
田の神となった恵比寿様 恵比寿信仰は、農村にまで広がっていた。かつて田の神として恵比寿様を祭る農家が広く見られた。 この田の神は、 一月二十日に山から現われ、十月二十日に山に帰って行くとされていた。そのため農村では恵比寿 […]
山幸彦は恵比寿様か?
恵比寿様の鯛と釣り竿 七福神の恵比寿様は、鳥帽子をかぶつて狩衣を着た姿に描かれる。これは恵比寿信仰が広まった室町時代の、公家や上流の武士などの身分の高い人の姿を表わしたものである。 恵比寿様はこの姿で、釣り竿を肩にかけ、 […]
旅芸人が広めた恵比寿様
恵比寿廻しの人形芝居 西宮の恵比寿信仰を広めたのは、「戎廻し」とか「戎かき」と呼ばれる愧儡舞の芸人たちである。かれらは各地を巡って、人形を面白おかしく舞わせて、恵比寿の神である蛭子命の御利益を説いた。 恵比寿廻しの活躍は […]
海から帰ってきた事代主命の恵比寿様。 蛭子命とは別の神様?
出雲の美保神社の恵比寿信仰 島根半島の先端近くの美保関に、事代主命を祭る美保神社(松江市)がある。この神社は、古くは美保関のあたりを治めた漁民の首長(指導者)が、海の神を祭った神社であった。 事代主命は、もとは漁民の集団 […]
海から帰ってきた蛭子命。貿易商の神、 商家の神の恵比寿様
蛭子命が航海の神に 西宮の夷の神社も、三郎の神社も、古くは漁民の小さな集落の氏神であったと考えられる。この夷を祭る神社と三郎を祭る神社が合併したうえに、周囲の小さな海の神の神社も吸収して西宮神社になり、しだいに有力になっ […]
海から帰ってきた蛭子命が、西宮の漁民の漁業の神に
西宮の広田神社の夷社 蛭子命は、日本神話の「国生み」の物語にだけ出てくる神である。そして奈良時代から平安時代なかば頃にかけて、蛭子命に関する伝説は全く見られない。 蛭子という名前は、もとの国生み神話では「ヒルという虫のよ […]
蛭子命が恵比寿になる
日本神話の中の蛭子命の誕生 蛭子命は、伊失諾尊と伊美再尊の夫婦を主役とする「国生み」の神話に出てくる神である。『古事記』が記す、蛭児誕生にまつわる神話の大筋を記しておこう。「蛭子命」というのは、西宮神社の祭神の名称で、『 […]
恵比寿様は二柱いる
漂着物が「えびす様」 室町時代以後、恵比寿様は日本神話に出てくる神々の中で最も庶民に身近な神様とされた。これは漁民の間に古くから広まっていた漂着物を祭る習俗が、福の神信仰と結びついたことによるものである。 「えびす」の神 […]


Warning: Use of undefined constant under - assumed 'under' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/viralport/kyosei-tairyu.jp/public_html/shichifukujinn/wp-content/themes/70823/single.php on line 50

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。