厄年はその中でも大きな厄である年齢が注目されがちですが、実は3年おきに訪れる小厄というものがあります。

この著者自身は一般的に呼ばれる厄年の時はあまり災厄に見舞われなかった変わりに小厄の年齢のときにものすごく厄に見舞われた経験もあり、もしかしたらですが、厄年のときに何も無かった人は別の年齢で災厄が起こる事も無いとも言えないのではと思いました。

小さい頃から3年おきに訪れる小厄を知ろう

小さい頃から3年周期で訪れる厄の年齢で男女関係なく1・4・7・10・13・16・19歳……と3年周期で訪れるとされています。

その周期の中に男性の厄年と言われる25歳42歳61歳と女性の19歳33歳37歳が3年周期に当てはまる事が分かると思います。

その中でもとりわけ厄が多い年齢を一般的に厄年としているように思えます。

小厄についてよく間違えられていること?

小厄というと3年周期で訪れる厄の事を表す事が多いのですが本厄の年齢(男性42歳・女性33歳)を大厄とし男性25歳・61歳と女性19歳と37歳を小厄としているようなものを見かける事があります。

この解釈はいろんな神社に問い合わせて後々掲載予定ですが今のところの解釈としてはこちらの方が厄年に関して言われる内容だと思いますので参考までに

小厄…男女関係なく1・4・7・10・13・16・19歳……と3年周期

中厄…男性25歳・61歳 女性19歳・37歳

大厄…男性42歳 女性33歳



国内の厄払いができる神社一覧

全国の厄払いを受け付けている神社をまとめてみました。都道府県別に見る事ができます。

【北海道・東北】
・北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県

【関東】
・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県千葉県 ・東京都 ・神奈川県

【中部/】
新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県

【近畿】
三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県

【中国・四国】
岡山県広島県鳥取県島根県山口県徳島県香川県愛媛県高知県

【九州・沖縄】
福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

厄年について

厄払いについて

贈り物

豆知識

厄年の早見表|西暦|和暦