元旦の行事|年始に行うことをまとめてみました

*

元旦の行事|年始に行うことをまとめてみました

一月一日は国民の祝日で、正月の元旦、元日と称されています。
昔から、元旦には歳神様と呼ばれる「新年の神様」が降りて来られるとされていました。
「新しい年を迎える」と表現するのは、神様をお迎えする意味でもあります。

お迎えする初日が元旦、元日になりますから、特別な日でもありますね。

除夜から元旦は寝ない?

江戸時代のこと、庶民は大晦日の晩は寝なかったようです。
寝ないから『除夜』と呼ぶのだとか、「夜を除く」と書くからのようで、『年の夜』『年越し』とも呼ばれたとか。
「除」という文字は「除く,押しのける」という意味で,「除夜」は「古い年を押しのけて,新年を迎える夜」のことだそうです。

除夜の鐘と共に「年越し蕎麦」を食べ、初日の出を待って『新年の初めて上がる日』を拝んだとか。
一夜寝なかったので、元日はひたすら眠って二日から正月行事を行ったようです。
様々な理由から、江戸時代中期頃には『初夢は二日の晩の夢』とされたようですが、「大晦日の夜から元日の朝かけて見る夢」「正月元日の夜に見る夢」という説もあるとのこと。

庶民の正月の過ごし方とは違い、除夜を行わない武家や公家では元旦から儀式があって休めなかったようですし、天皇は四方拝をされ、元日節会で宮中や殿中に出仕したとか。
庶民の正月のほうが、近年の形に近いと思われます。

「若水迎え」とも言われる「元日の朝の水汲み」は、現在の生活では難しいことも多く、このときばかりは地方の「湧水」がうらやましくなりますね。

「除夜の鐘」については別に記しますが、元旦と除夜は切り離しては考えなかったのでしょう。

屠蘇には形式が決まっている

元旦ばかりではなく、三が日の朝も「お屠蘇」で食事が始まったようです。
分かりやすくいえば『三々九度』と呼ばれる結婚式での儀式と同じこと。
昔の日本では、この「式三献の儀式」は定番だったらしいのです。

最近は、神式の結婚の場合のみ行われている儀式ですが、全国でどれくらいの家庭が「お屠蘇」で新年を祝っているのでしょうか。
この頃は、とても簡単な「ティーバック式の屠蘇」も用意されているとか。

年末に薬屋や酒屋で売っているそうですが、本格的なものではなくとも気分は味わえそうです。
できれば「屠蘇を飲む銚子や杯のセット」も揃えば本格的になりますが、古いお宅なら納戸に眠っているかも知れませんね。

飲み方にも決まりがあり、この「式三献と呼ばれる儀式」は、幼長の順で飲み始めるようです。
三つ重ねた杯の上の小さなものから始め、一番年少の者から少量ずつ三回注ぎます。
親が子の成長を祈って注ぐのだそうで、三口に分けて飲み干すのですが、口をつけるだけでも良いとのこと。

結婚式の三々九度同様、飲まなくても儀式は進められます。
最後は一家の長老が飲んで、今度は二番目の年少の者に回すようにし、三回くり返すのだそうです。

面倒くさい、などと言っては「一年のご利益」は無くなるかもしれませんね。
「長老は年若い者の力をもらい、年少の者は長老からの知恵を授けられる」ということなのだとか、しっかりと意味があるのですからおろそかにはできません。

「お屠蘇の式三献」が終わって、全員で『おめでとうございます』と声を合わせ、やっとご馳走にありつけるのだそうです。

お年玉も歳神様から頂く

最近の「お年玉」の響きには、未成年の者には「1年の最初にもらう嬉しいお小遣い」という風潮が一般的でしょう。
でも、元々はお金ではなく「お餅」だったといわれています。
鏡餅は神様の御神体とも考えられていましたから、『御霊』が宿っています。
そして、それが「年魂」として家長が家族に分け与えたことから、「お年魂」「お年玉」となったとされています。

昔は「お餅」は特別な行事以外には食べられなかったようですから、お餅のお年玉はとても嬉しいものだったのでしょう。
現代の子供達は<「お正月にお餅を食べるのは当たり前(一年中お餅はある)」kですから、きっとお餅のお年玉には怒り出すかも知れませんね。

「歳神様から魂を分けて頂き、一年分の力を授かる」と言う深い意味合いがあるようです。
新しい年の幸福や恵みと共に、魂をも分け与えてくださる、と考えられていたのでしょう。

誕生日ではなく、新年に歳を重ねる「数え年」は、元旦の度に歳神様から魂を分けていただく、という考え方にもあります。

初詣は氏神様に詣でる

新年を迎えて初めての「神社やお寺へのお参り」を、「初詣」と呼びます。
現代では、各地域の有名な神社仏閣に大勢の人がお詣りしているようですが、本来は住んでいる地域の氏神様に詣でるとされていました。

また、その年の歳神様のいらっしゃる「恵方」に当たる寺社に詣でることも、良いともされたようです。
お参りの時期ですが、最近は「松の内」とされる正月七日までの間と余裕があり、関西では小正月の十五日までというところもあるようです。

昔は、「年籠り・としこもり」と言われる『祈願』があったそうです。
大晦日の夜から朝にかけて寺社に「おこもり」したとのこと。
この形が、やがて「除夜詣で」と「元旦詣で」の二つに分かれたことから、「初詣」の原型になったようです。

と言うことは、今現在行われている「除夜の鐘」を聞きながら新年を迎えて、そのまま「初詣」を済ませる、と言う形が一番なのでしょうか。
まあ、合理的と言えばそうなりますね。

「拍手・はくしゅ」は音を大きく響かせることで、神様の意識を向けさせるという「霊振り」の儀式とのこと。
二度礼をし、二度拍手を打ち、一礼する「二拝二拍手一拝」が一般的のようです。

元旦の行事|年始に行うことをまとめてみました関連ページ

お正月とは「歳神様を迎える」
「お正月」と言う言葉を、じっくりと考えたことがあるでしょうか。 12月に入ってからは、何かと気ぜわしくなり、年 […]
初詣|なぜお正月に初詣をするか知ってますか?
江戸時代に広まったとされる「初詣」の習慣は、地元の神社へ参拝して、昨一年の感謝を捧げて今年一年の無事を祈願した […]
書初め|新年の意気込みを書いてみよう
正月の二日に、墨と筆の日本古来の筆記用具を用いて、「座右の銘や新年の目標を書く」古来から続いてきた正月行事の一 […]
松の内はいつからいつまで|2017年のお正月
2017年も始まったばかりですが年始の行事を終えてお正月飾りなどを片付けるのはいつ頃までに行うものなのかきにな […]
初日の出の由来や意味
年の初めの日の出が上がることで、新しい年は明けたとされます。 「一年の計は元旦にあり」とよく耳にしますが、元旦 […]
鏡開き|お正月の鏡餅と行事の進め方
お正月に、歳神様をお招きして拠り処となった「鏡餅」を下ろし、それを食べると言う風習を「鏡開き」と呼びます。 「 […]
お正月の遊び|伝統的なお正月遊びを知ろう
伝統の「お正月の遊び」は数多くありますが、大きく分けて「男の子」「女の子」「家族」が楽しむ遊びを選んでみました […]
お正月飾りの処分の仕方|縁起物の処分のお作法
暮れの内に準備してお正月を寿いだ「お正月飾り」も、片付けなければなりません。 歳神様をお迎えしたおめでたい飾り […]
お正月の準備|新年を迎えるための準備の仕方
新年には、家の祖霊神でもある「歳神様」が降臨なさいます。 神様に失礼の無いように、新年に相応しい清らかな場に整 […]
お正月飾りの種類や意味について
日本の大切な一年の節目、お正月を迎えるためには、様々な準備があります。それらはお正月飾りと呼ばれ年末から準備さ […]

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。