お正月飾りの種類や意味について

*

お正月飾りの種類や意味について

日本の大切な一年の節目、お正月を迎えるためには、様々な準備があります。それらはお正月飾りと呼ばれ年末から準備され縁起のいいものを飾る風習が古くから受け継がれています。

年の瀬が迫ると各地域の街々でお正月飾りの支度が始まりすが、見慣れた正月用の飾りにも、それぞれに意味が込められています。
正月の行事や風習は、少しずつ形は変わっても受け継がれているのですね。

ここでは、古くから伝わっているお正月飾りの種類や意味などを改めて知りお正月を新しい気持ちで楽しんでいただけたらいいなと考え記事を書きました。

お正月飾りの種類を知ろう!

お正月飾りは「門松」実は結構な種類があります

門松

歳神様を迎える目印とされる「門松」は、最近は一対の松の枝だけが多いようですが、新年らしく『松竹梅』の三種類の植物を組み合わせた形に調えられている場合もあります。

「松は神の依代(よりしろ)」と信じられ、歳神様・歳徳神が乗り移る木と崇められたようです。
別名「お松様」とも、「松飾り」ともいわれます。
一年中緑の色が美しく青々としている縁起の良い木であることが、神の宿る木とされたのでしょう。

「竹」はすくすくと伸びる力が強く、雪にも折れることのない強い生命力の象徴として、添えられました。

「梅」は、寒中にも花をつけるということで生気と華やかさを表すとされたようです。

この松竹梅は元々は中国からの伝わったもので、「歳寒の三友」と呼ばれて画題とされたものが、日本に入ってきて吉祥の象徴となったとのこと。

本格的な門松の造り方では、松を中心に据えて、竹を後に添え、梅を手前に置きます。
裾には割り薪を並べ、荒縄で巻く形になります。
梅の替わりに「南天の実」を添える場合もあり、「難を転じて福となす」との縁起物のようです。

門松の様式は、地方や家々で様々なようですが、門や玄関前の左右に飾られます。
向かって左側を雄松、右側を雌松と呼びます。

しめ飾りとしめ縄

「しめ縄」とは、もともとは神域や聖域を表すもので、結界の一種として認識されていた神道での神祭具です。
正月の「しめ縄」は、元々は神社と同様に、家にもしめ縄を張り巡らせていたようですが、だんだん簡略化されたようです。

歳神様をお迎えする神聖な場・清められた場を表すのですから、簡略化されても「形」としては残ったのでしょう。
現在では「しめ飾り」や「輪飾り」として使われています。

「しめ飾り」は、各家庭の玄関に飾ることが多いため、様々に縁起物の植物がつけられています。
「子孫繁栄のユズリハ」「家運隆盛・子孫連続のダイダイの実」「不老長寿・誠実・清廉潔白を象徴するウラジロの葉」などの植物が飾られます。
この飾り方も、地方などによって様々なようです。

東京では「輪飾り」と呼ばれる、細いしめ縄を丸く調えて「紙垂れ」を下げた「簡易型のしめ縄」が多く使用されているようです。

門松に掛ける、玄関先に掛ける、鏡餅に掛ける、等々非常に広く用いられているとか。
東京などの一般家庭では「門松に輪飾り」のように、しめ縄の代用とされる場合も多いようです。

フラワーアレンジなどの現代的な「しめ縄飾り」も考案されていて、西欧などのリースに似たデザインも多いようですが、しめ縄と様々な飾りを洋風建築にも合うよう調えていて人気だとのこと。

どのような形にしろ、歳神様をお迎えする気持ちには変わりはないのでしょう。

鏡餅

昔から「餅」は神様に捧げる神聖な食べ物とされていて、お祝い事や祭りには欠かせないものだったようです。
鏡餅と言う丸い形は「人の魂を模している」そうで、また神事の鏡と同じだったことから「鏡餅」と呼ばれたと伝えられています。。
そして「三種の神器」の鏡は餅に、勾玉に見立てたものが橙(ダイダイ)に、剣には串柿を見立てているとか。

大小二つ重ねた意味は、「陰陽・月と日」を表していて、縁起が良いとされたためのようです。

様々な説が入り乱れているようですが、歳神様にお供えする、または歳神様の拠り処とされる「お正月の大切なもの」には変わりはありません。

地方によって飾り方は様々ですが、近年はポリエチレンなどの容器に充填された鏡餅も多く、飾りものまでセットされていて、簡便なスタイルに変化しつつあります。

それでも、お正月には欠かせない「鏡餅」ですから、スタイルや形式はともかく、お供えすることは続けたいものですね。

「鏡餅」は歳神様へのお供え物ですから、飾る場としては床の間などが相応しいのですが、建築スタイルの変化でない場合もあります。
家の中の玄関から離れた所、奥まった「上座」に相応しい場が良いでしょう。

できることならば、お正月を共に祝い合うためには、家族が揃って食事をする場の目に入る所、ダイニングなどに場所を見つけてください。
 歳神様と一緒に、楽しいお正月を迎えることが大切なのですから…。

お正月飾りの種類や意味について関連ページ

お正月とは「歳神様を迎える」
「お正月」と言う言葉を、じっくりと考えたことがあるでしょうか。 12月に入ってからは、何かと気ぜわしくなり、年 […]
初詣|なぜお正月に初詣をするか知ってますか?
江戸時代に広まったとされる「初詣」の習慣は、地元の神社へ参拝して、昨一年の感謝を捧げて今年一年の無事を祈願した […]
書初め|新年の意気込みを書いてみよう
正月の二日に、墨と筆の日本古来の筆記用具を用いて、「座右の銘や新年の目標を書く」古来から続いてきた正月行事の一 […]
松の内はいつからいつまで|2017年のお正月
2017年も始まったばかりですが年始の行事を終えてお正月飾りなどを片付けるのはいつ頃までに行うものなのかきにな […]
初日の出の由来や意味
年の初めの日の出が上がることで、新しい年は明けたとされます。 「一年の計は元旦にあり」とよく耳にしますが、元旦 […]
鏡開き|お正月の鏡餅と行事の進め方
お正月に、歳神様をお招きして拠り処となった「鏡餅」を下ろし、それを食べると言う風習を「鏡開き」と呼びます。 「 […]
お正月の遊び|伝統的なお正月遊びを知ろう
伝統の「お正月の遊び」は数多くありますが、大きく分けて「男の子」「女の子」「家族」が楽しむ遊びを選んでみました […]
お正月飾りの処分の仕方|縁起物の処分のお作法
暮れの内に準備してお正月を寿いだ「お正月飾り」も、片付けなければなりません。 歳神様をお迎えしたおめでたい飾り […]
お正月の準備|新年を迎えるための準備の仕方
新年には、家の祖霊神でもある「歳神様」が降臨なさいます。 神様に失礼の無いように、新年に相応しい清らかな場に整 […]
元旦の行事|年始に行うことをまとめてみました
一月一日は国民の祝日で、正月の元旦、元日と称されています。 昔から、元旦には歳神様と呼ばれる「新年の神様」が降 […]

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。