節分の豆のまめ知識|まき方・種類や地域での違いなど

*

節分の豆のまめ知識|まき方・種類や地域での違いなど

節分の時に豆をまくというのは今では当たり前のように行われる節分行事です。幼稚園や小学校の頃に校庭や教室・家庭内等で豆まきをしています。

現在でも節分と豆は深い関係を保ちながら続いている風習になっています。
ここでは節分の豆に関する豆知識を紹介したいと思います。意外と知らなかった事があると思いますよ。

豆まきの仕方とその準備

節分の時に使う豆には実は使い方の作法があります。ここでは節分の豆についてと豆まきの仕方について紹介したいと思います。

豆まき用の豆は必ず火を通す

一般的に使われている物として大豆を例に挙げます。生のままの状態(乾燥も含む)だと、豆をまいた後に発芽してしまいます。豆まきで使用する豆は邪を祓い封じ込めてくれるとされており、豆の中に邪がありそれが芽吹くという事がないように火に通して煎ることで発芽しない豆で豆まきをします。

豆は地域によって違いがある

節分のときに鬼退治に豆をつかって退治するという物語を小さいときから慣れ親しんでいますが、実は地域によって違いがあるのをご存知ですか?

節分の豆の種類

節分の由来からすると大豆をまくというのが正式なもののようですが現在では地域によって落花生をまく事が主流になっている地域が結構あるんです。

東京より南は豆まきに大豆をまく地域が多く、北海道、東北、北陸と九州の南の地域では落花生をまく事が主流になっているようです。

節分の時に落花生を豆の変わりにまくようになった理由は豆まきの後に回収が簡単で殻にくるまれたままのため豆まきの後に食する事への衛生面などがおもな理由だそうです。

他にも違う豆の種類をまく地域もあるのだとか例(鶯豆など)

節分になぜ豆を撒くのか

豆をまくようになった理由はその昔、毘沙門天が夢の中で大豆を鬼に向かってまく事で鬼退治ができるという夢を見てその後豆を使って見事鬼退治を果たした事から節分のときの邪気払いには豆をまくというのが理由になります。

詳しくは別のページで説明しておりますのでそちらをご覧ください。

参考:節分に豆まきをする由来

節分の豆のまめ知識|まき方・種類や地域での違いなど関連ページ

節分の日とは節分が持つ意味とは
節分の日が持つ意味は今では「福は内、鬼は外」の言葉で思い出されるように邪を払う日という認識で一般に広がっていま […]
節分の方角|恵方の方角を確認しよう2015年
節分の方角というのは現在では恵方と呼ばれる方向をさします。2月3日頃が毎年節分になる事が多いようです。 この方 […]
節分といわし?その理由が2つあることご存知ですか?
節分の時にいわしと柊を飾る風習のことを柊鰯(ひいらぎいわし)と呼び厄除けを目的として玄関先に飾られる物として西 […]

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。