七五三の準備【着物・髪型・写真】男の子と女の子の成長を願う行事

*

七五三ってどんなお祝い?

七五三は両親に連れられて、晴れ着姿で千歳飴片手に神社を参拝する七五三の子供の姿は、日本の秋の風物詩です。では七五三の起源とはいったいどんなものなのでしょうか。

起源は平安時代に

七五三の起源は、平安時代の朝廷での貴族の儀式と言われています。当時は乳幼児の死亡率はとても高いものでした。そのため、子供が節目となる年を迎える毎に、その後の無事の成長を祈る儀式が行われました。

3歳では男女児ともに髪を伸ばし始める「髪置の儀」

5歳では男児が袴を着け始める「袴着の儀」

7歳では女児が帯使いの着衣を用いる「帯解の儀」

この三つの儀式が、後の世の七五三の由来と言われているものです。

江戸時代〜明治時代に庶民化

江戸時代になると、これらの朝廷で行われていた貴族の儀式が武家でも執り行われるようになりました。この武家の風習は、江戸中期には裕福な商人の間にも広まっていきました。そして明治の世になり、「髪置き」「袴着」「帯解」の三つの儀式を一つにまとめて「七五三」と呼ぶようになり、広く一般庶民にも祝われるようになりました。

時代によりやり方や呼び方は変わっても、子供の無事の成長を願うという親の願いは、いつの世も変わりはありません。

七五三 時期はいつ頃なの?

七五三のメインイベントは神社(氏神)へのお参りではありますが、もう一つ大切なイベントを忘れてはなりません。それは「晴れ着姿を写真に納める」こと。ではこの二つ、どのような時期に行うものなのでしょうか。

神社へお参りの時期

古くより七五三の神社へのお参りは、11月15日に行われています。この日に行われる理由には諸説あり、鬼に邪魔されずにお参りが出来る「鬼宿日」という吉日に当たるからという説、収穫を祝う「霜月祭」であるため子の成長を祝うにも適しているという説などがあります。

近年では11月15日に必ずということではなく、10月半ば〜11月前半の都合の良い日を利用してお参りをするのが一般的です。

ただ七五三は小さい子供の行事。なるべく負担にならないお参りの時期を考えることも大切です。11月15日当日やその近辺の土日などですと、神社の混雑はかなりなもの。

ゆっくりとお参りをするためにあえてピークをはずした11月半ば過ぎにお参りすることもありますし、寒冷地では、晴れ着でも寒くない10月初旬にお参りをすませることもあります。

写真撮影の時期

七五三のお参り当日の晴れ姿をプロのカメラマンに納めてもらうのは、実はかなり大変なこと。なぜなら当日は着付け〜お参り〜お祝膳と行事が目白押しで時間的にも余裕がないですし、大変混み合った中での撮影となってしまうため、子供の良い表情を残しづらいものなのです。

そういうこともあってか、最近ではお参りと写真撮影は別日程にする方も。以下に写真撮影時期によっての特徴とメリットをあげてみます。

4月半ば〜6月
七五三写真の前撮りキャンペーンなどの開始される時期です。この時期ですと、衣装やシチュエーションを様々に選ぶ余裕があります。

7月〜9月初旬
夏休み期間なので時間的に余裕をもって撮影できます。

9月半ば〜10月前半
本格的な七五三の時期の直前。写真館も混み始める時期ですが、この時期の写真なら七五三参拝の時の様子とあまり変わらない写真になります。

10月半ば〜11月半ば
七五三シーズン。どの写真館も早めの予約を

11月半ば〜11月後半
七五三撮影が一段落し、後撮りキャンペーンがある写真館も。年賀状写真に使うならこの時期がぎりぎり。
また、最近では前撮り(後撮の場合も)写真撮影と、お参り時の着付けがセットになっている企画も多くあります。

更新情報