時候の挨拶は季節や機構、天候などに合わせて心情や季節の雰囲気を表す言葉で、お手紙の中では「頭語」のあとに続く礼儀文です。

「時候の挨拶」はその時々によって使い方やその後に続く「安否を尋ねる挨拶」などと組み合わせることで綺麗な日本語のご挨拶になります。

季節のお手紙を書く際に使える「時候の挨拶」+「安否を尋ねる挨拶」など良い表現などの例文を紹介していきます。





その季節・月で使える時候の挨拶

親しい人・改まった相手へ時候の挨拶を使った例文をそれぞれ月別に掲載しています。





年中使える時候の挨拶「時下」

時候の挨拶:ビジネス

ビジネスの文書でも季節の挨拶を入れたものを使うことが多くあると思います。時候の挨拶はビジネスのシーンでも使用することがありますが、年中使えるビジネスの例文として「時下」という言葉を使うことができます。意味は「このところ」や「今現在」などを意味する言葉で季節を気にすることなく使うことができます。

例文
「時候の挨拶」+「安否を尋ねる挨拶」

「拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。」

時候の挨拶の例文・使い所

お手紙に季節感を美しく表現し品のある表現にしてくれる時候の挨拶は

お詫び・お見舞いの場合

お詫びのお手紙やお見舞いの際のお手紙では時候の挨拶を記入することはありません。お詫びの場合は単刀直入に本題の件を記載しましょう。
お見舞いの際にも同じく時候の挨拶は省いて書きます。相手の体調や容体などへの気遣いを書くことを心がけましょう。

ビジネスの場合

ビジネスで使う場合は