お食い初めをしよう【献立・食器・やり方】などを分かりやすく解説

*

お食い初めを行うにあたっての準備とマナー

お食い初めとは生後100日ほど経過した日に子どもの食初めとして一生食べ物に困らないように行う儀式のことをいいます。

100日目頃二行う事から100日祝いとしても知られるのが、お食い初めの儀式です。
赤ちゃんにとっての
100日目というのは実際に食事をする事はできないため食べマネをするのが特徴です。
そのためお食い初めの時に準備される食事というのは儀式用のお膳として決められておりその食べる順番なども決まっています。

ここではお食い初めに必要な順番や食べ物に関する順番など抑えておきたいことを紹介したいと思います。

お食い初めの準備

初めての人も一度お食い初めを体験した事がある人も分かりやすいように紹介してみますね。
まずは準備するものを知っておく事でスムーズにお食い初めを進める事ができるようにしていきたいと思います。

準備しておく事

  • お食い初めを行う場所を選ぶ(料亭or自宅)
  • 自宅で行う場合はレシピを把握しておく
  • 必要なものを準備する(下記掲載)

 icon-arrow-circle-right お食い初めで必要なものを用意する

 icon-arrow-circle-right お食い初め 歯固め石について

お食い初めの食器について

初めての人もいるかもしれないので予備知識としてお食い初めの食器煮は実は男の子と女の子ではげんみつにいうとお食い初めの儀式の当日使う食器には違いがあります。

現代ではあまり気にかけずにお食い初めの食器を後々にも使える木製のタイプを使用する事もあります。ここではそれぞれのパターンにあわせて厳正なやり方でお食い初めの食器を選ぶ場合と後々の事を考えて使う場合の物を紹介したいと思います。

 icon-arrow-circle-right お食い初めの食器について〜男の子用・女の子用〜

 icon-arrow-circle-right お食い初めの男の子と女の子で食器の色が違う由来は?

お食い初めの献立について

お食い初めの準備するものというのは実はある程度決まってます。できれば古い風趣から学びきちんと赤ちゃんに撮って良いと思われる事をしてあげたいと考えるのが親心というものですね。

そこでここではお食い初めのときに気になる献立について詳しく紹介したいと思います。

 icon-arrow-circle-right お食い初めのメニュー(献立)

 icon-arrow-circle-right お食い初め、鯛(尾頭付き)について

 icon-arrow-circle-right お食い初め後の残った御膳はどうするの?

お食い初めのやり方について

お食い初めの儀式を始めてやる場合どんなやり方で進行してあげたら良いものか迷ってしまいがちです。当日料亭などを予約して行う場合は親戚の方などがいて教えてくれるかもしれませんが、全体の流れをご両親も知っていてほしいと思います。

 icon-arrow-circle-right お食い初めのやり方(食べる順番)はこのようにする

更新情報