金魚には金上昇の力があるとされ昔から日本人には大人気

金魚について

金魚といえばお祭の金魚すくい。「今日はだめよ」と親にいわれてもやらずにいられない、そんな遊びでした。もち帰ってみると、金魚がいる場所は、そこだけゆったりと時がながれているかのよう。ひらひらと舞い泳ぐ金魚をながめているだけであっという間に時間がたってしまうのが不思議でした。

一五〇〇年ごろ、中国からやつてきた金魚は上流の人たちの間で大人気に。庶民の間でも楽しめるようになったのは江戸時代の終わりごろ。養殖されるようになって値段もさがり、金魚の模様が着物や絵に描かれたり、金魚売りは夏の風物詩となりました。「金魚玉」といわれる鉢を軒下に下げて暑気払いもしていました。そのブームに乗って、食べるのに困った武士が金魚の養殖を内職にしていたというから、そのフィーバーぶりが目に浮かんできます。刀をさしたお侍さんが金魚、というのも粋なような、おかしいような。

さて、どうみても金色ではないのになぜ、「金魚」という名前なのでしょう。横から見てみると光があたった金魚の体はキラキラして見えます。英語でもgoldfishと縁起のいい名前。日本では昔から金運をもたらしてくれるものと信じられ、中国でも「金魚」が「金余」の発音と似ていることから「お金が余る」とかけて、やはりえんぎがよいものとして知られています。