初詣|なぜお正月に初詣をするか知ってますか?

*

初詣|なぜお正月に初詣をするか知ってますか?

江戸時代に広まったとされる「初詣」の習慣は、地元の神社へ参拝して、昨一年の感謝を捧げて今年一年の無事を祈願したものです。
交通機関の発達でよって、有名神社への参拝が定着したのは戦後のことだそうですが、身近な神社に初詣も心洗われる思いがする行事です。

正月の神様を迎える

年が改まると、まったく全てが新しく感じられるものです。
たった一夜明けるだけなのに、どうしてなのでしょう。

お正月とは、家に歳神様をお迎えする大切な行事でもありますから、神棚がある家は家族全てが揃って拝礼したようです。
神棚が無い場合は「鏡餅」が歳神様の拠り処とされていますが、鏡餅に拝礼はしないようですよね。

神棚の有無に関わらず、『初詣』は地元の神社に参るのが習わしのようです。

家の神様と神社の神様

家に歳神様をお迎えし、感謝してお祈りした後で、神社への参拝をします。
なぜ二度も神様に参拝するのか、と言うと、家にお迎えする年神様と神社の神様は別の神様だからです。

家にお迎えする歳神様は「祖先神」と考えられています。
つまり、自分の祖先を神様としてお迎えするのですから、大きく見たら内々のこととも言えるでしょう。

地元の神社に祀られている神様は、その土地の様々な由来を持つ神様で、その地の人々を守ってくださっていると、考えられているのでしょう。

まず、家族全員で歳神様を家にお迎えして感謝し、そして家族揃って地元の神様を拝礼に行く、という風習があったようです。
最近では地元の神様より、ご利益の大きそうな有名神社などへの参拝が多くなっているようですが…。

晴れ着と参拝

筆者の若い頃には、渋谷在住だったこともあり、「明治神宮へ初詣」でした。
元旦を迎えて、暮れの内に新調してもらった和服を身に着け、家族揃ってお参りする習慣がありました。

それぞれの家で新年の習慣はあるでしょうが、「初詣」は「何とはなしに」続いている人も多いのでしょう。
家族ではなく、友人達と着飾って楽しく初詣するグループも居るようですし、様変わりしているのでしょうか。

年が改まると、何もかも新しく改めたくなるのが日本人の性格のようです。
衣服なども、「下着から全て新しいものを身に着けるもの」という考え方もあるようです。
それがお正月の楽しみでもあるのですから、年老いてきた現在でも、何か新しいものを身に着けることは続いています。

考えてみれば、新しい年に新しい気持ちでお参りする際に、古いものではなく新しいものを身に着けるのは、理に適っていることですよね。

初詣は何時行く

昔は「除夜詣」と「元日詣」とあったようですが、「元日詣」が現在の初詣の原型と言われていて、明治中期頃からの習慣になったようです。

大晦日に除夜の鐘を聞いて、それから改めて参拝する「二年参り」の形もあったとか。
現在では、両方共に行う初詣をテレビ中継などで見ることはできますね。

でも大抵の家庭では、元旦は朝寝してゆっくり起床し、遅めの朝食を家族で囲む、というのが正月の始めの日の過ごし方では多いのではないでしょうか。
それから初詣する家もあり、三が日の都合の良い日にお参りする家もあって、様々な様子です。

自宅から見たその年の恵方参りとしての神社への参拝もあったようですが、次第にその意味は薄れていったとか。

寺社への参拝では、各々の参拝形式にしたがってお参りします。
「お守り・破魔矢・熊手」などを受けたり、絵馬に願い事や目標を記したり、今年一年が良い歳であることを祈願します。

寺でも神社でもかまわないのは、明治初期の神仏分離以前の考え方であった「神道と仏教や祖霊信仰の一体化・神仏習合」の一般化によるものだそうです。

また、初詣には期間も特定されていないようで、三が日以外の1月中でも初詣と考えられるとか。
一般的には松の内に参拝することが多いようですが、新年の挨拶を交わしたり、年賀状のやり取りをすることと、同様に考えられているのでしょう。

初詣|なぜお正月に初詣をするか知ってますか?関連ページ

お正月とは「歳神様を迎える」
「お正月」と言う言葉を、じっくりと考えたことがあるでしょうか。 12月に入ってからは、何かと気ぜわしくなり、年 […]
書初め|新年の意気込みを書いてみよう
正月の二日に、墨と筆の日本古来の筆記用具を用いて、「座右の銘や新年の目標を書く」古来から続いてきた正月行事の一 […]
松の内はいつからいつまで|2017年のお正月
2017年も始まったばかりですが年始の行事を終えてお正月飾りなどを片付けるのはいつ頃までに行うものなのかきにな […]
初日の出の由来や意味
年の初めの日の出が上がることで、新しい年は明けたとされます。 「一年の計は元旦にあり」とよく耳にしますが、元旦 […]
鏡開き|お正月の鏡餅と行事の進め方
お正月に、歳神様をお招きして拠り処となった「鏡餅」を下ろし、それを食べると言う風習を「鏡開き」と呼びます。 「 […]
お正月の遊び|伝統的なお正月遊びを知ろう
伝統の「お正月の遊び」は数多くありますが、大きく分けて「男の子」「女の子」「家族」が楽しむ遊びを選んでみました […]
お正月飾りの処分の仕方|縁起物の処分のお作法
暮れの内に準備してお正月を寿いだ「お正月飾り」も、片付けなければなりません。 歳神様をお迎えしたおめでたい飾り […]
お正月の準備|新年を迎えるための準備の仕方
新年には、家の祖霊神でもある「歳神様」が降臨なさいます。 神様に失礼の無いように、新年に相応しい清らかな場に整 […]
お正月飾りの種類や意味について
日本の大切な一年の節目、お正月を迎えるためには、様々な準備があります。それらはお正月飾りと呼ばれ年末から準備さ […]
元旦の行事|年始に行うことをまとめてみました
一月一日は国民の祝日で、正月の元旦、元日と称されています。 昔から、元旦には歳神様と呼ばれる「新年の神様」が降 […]

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。