お正月の準備|新年を迎えるための準備の仕方

*

お正月の準備|新年を迎えるための準備の仕方

新年には、家の祖霊神でもある「歳神様」が降臨なさいます。
神様に失礼の無いように、新年に相応しい清らかな場に整えなければなりません。

ご馳走もお供えの意味がありますし、もちろん家族で楽しく頂く料理ですから、心を配って調えたいものですね。

歳神様をお迎えする準備

新しい年を迎えるということは、「歳神様を家に迎えて、その年の幸せを授けてもらうこと」ですから、お迎えする準備を整えなくてはなりません。

12月に入ると気分的にも気ぜわしくなってきますが、昔から12月8日が「事始め」とされていて、この日から『新年を迎える準備』を始めたようです。
昔ながらの歳時記に添って、手順良く進めることも必要かもしれません。
現代の世の流れは、とても速く感じられるものですから…。

一年の間にたまった不必要なものや道具を片付け、新年から必要になるカレンダー・手帳などを用意しましょう。
「年賀はがき」を出す習慣のある家では、購入して書き始めることも大切。
大晦日が近づいて、大急ぎで書き流すようにはならないよう気をつけましょう。

まずは家を綺麗に調えます

一般的には、『すす払い』と呼ばれる「大掃除」が最初の準備になります。
12月13日に江戸城で行っていたようで、それが家屋や神棚を清める正月の準備として、庶民にも定着したと言われています。

近年では、神棚がある家は少なくなっているでしょうが、それでも一年間の汚れを隅々まで取り払うことで、歳神様は多くの「ご利益」を持って訪れる、と言われてきました。

歳時記通りではなくとも、12月13日を頭に置いて、少しずつ片付けと掃除をしてみましょう。
家族の協力が得られる「暮れから正月の休み」の内、1日に集中して行うこともあるでしょうが、少しずつ済ませておけば要所だけの掃除で済みますから、とても効率的になります。

天気の良い日に、気分良く「歳神様のお迎え準備」を済ませたいものですね。
家を清めたら、家人の「下着・靴下・靴」や「台所用品」なども新しくしてみては…。
日用品を新しく調えることも、「お清めの意味」があるそうです。

門松は何時立てる

いまだに暮れ近くなると、町々には「門松やしめ縄」などを商う出店が見られます。
大きな「歳の市」と呼ばれる寺社の周りの露天の賑わいも、歳末の風物詩ですね。

最近では、スーパーや商店街でも「歳末大売出し」として、お正月に必要な品々は揃います。
購入する場は何処でも良いのですが、「門松」には大切な意味合いがあるようです。

「門に飾る門松」は、歳神様のおいでになる『目印』になるのです。
と言うことは、「門松」の無い家には歳神様はいらっしゃれない、ということになりますね。
「お正月=歳神様」なのですから、それは大変です。

門の左右に「門松」を立てることで、お正月の準備の大半は調うはずです。
立てる日は、29日は「苦立て」、31日は「一夜飾り」と言って避けるとのこと。
28日頃に立てるのが良いようです。

しめ飾りは飾ってますか

玄関に飾る「しめ飾り」は、この家が神様をお迎えする準備が調っているいること、神様の居場所があることを示すものとか。

近年は、核家族化やマンション・アパート生活の人も多いためか、「しめ飾り」を飾る習わしは少なくなってきているようです。

「しめ飾り」は飾らなくとも、「輪飾り」と呼ばれる「門松」に掛ける形式は増えているのではないでしょうか。
清浄の印としてなら、「輪飾り」も目印としての役目は果たしてくれるのでしょう。

鏡餅を供える場所

家にお迎えした歳神様は、その居場所・拠り所が必要になってきます。
その場所が「鏡餅」なのだそうです。
そういえば、家の中で一番上座とされる場に飾りますね。

床の間や、それに準じた高いところですが、別名「お供え」と呼ばれてもいます。
神様に供えるの意味ですが、それがそのまま「居場所・拠り所」にもなるのだとか。

「門松」と同じ意味で、29日と31日は避けて飾ります。
1月11日の「鏡開き」まではそのまま飾りますが、その後の食べ方は家々によって様々なようですが、昔はお汁粉が多かったようですね。

お正月の準備|新年を迎えるための準備の仕方関連ページ

お正月とは「歳神様を迎える」
「お正月」と言う言葉を、じっくりと考えたことがあるでしょうか。 12月に入ってからは、何かと気ぜわしくなり、年 […]
初詣|なぜお正月に初詣をするか知ってますか?
江戸時代に広まったとされる「初詣」の習慣は、地元の神社へ参拝して、昨一年の感謝を捧げて今年一年の無事を祈願した […]
書初め|新年の意気込みを書いてみよう
正月の二日に、墨と筆の日本古来の筆記用具を用いて、「座右の銘や新年の目標を書く」古来から続いてきた正月行事の一 […]
松の内はいつからいつまで|2017年のお正月
2017年も始まったばかりですが年始の行事を終えてお正月飾りなどを片付けるのはいつ頃までに行うものなのかきにな […]
初日の出の由来や意味
年の初めの日の出が上がることで、新しい年は明けたとされます。 「一年の計は元旦にあり」とよく耳にしますが、元旦 […]
鏡開き|お正月の鏡餅と行事の進め方
お正月に、歳神様をお招きして拠り処となった「鏡餅」を下ろし、それを食べると言う風習を「鏡開き」と呼びます。 「 […]
お正月の遊び|伝統的なお正月遊びを知ろう
伝統の「お正月の遊び」は数多くありますが、大きく分けて「男の子」「女の子」「家族」が楽しむ遊びを選んでみました […]
お正月飾りの処分の仕方|縁起物の処分のお作法
暮れの内に準備してお正月を寿いだ「お正月飾り」も、片付けなければなりません。 歳神様をお迎えしたおめでたい飾り […]
お正月飾りの種類や意味について
日本の大切な一年の節目、お正月を迎えるためには、様々な準備があります。それらはお正月飾りと呼ばれ年末から準備さ […]
元旦の行事|年始に行うことをまとめてみました
一月一日は国民の祝日で、正月の元旦、元日と称されています。 昔から、元旦には歳神様と呼ばれる「新年の神様」が降 […]

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。