歳神様といただくおせち料理

*

歳神様といただくおせち料理

昔は「おせち料理」は神様にお供えした後で下ろし、家族が食べたものだったそうです。
神様へのお供えを頂く形での、難しく言うと「神人共食・神と人が共に食する」と言う祈りの形だったとか。
米文化の日本では、「ハレの日の正月」に米や餅を中心にした山海のめでたい味を調え、自然に感謝する意味をも込めたのでしょう。

全ての料理に祈りの意味がある

お正月とは切り離せないお祝い膳である「おせち料理」は、「年神様」へお供えする料理でもあり、また家族の幸せを願う縁起物の料理ともされています。

近年では手造りされることは少なくなって、暮れ近くなると「おせち料理商戦」が華々しくなりますが、本来は様々な素材を何日にも渡って手を掛け、「歳神様にお供えし、そして家族で楽しむ」ために作ったものです。

料理のそれぞれにひとつひとつの意味合いがあり、全てに「五穀豊穣、子孫繁栄、家族の安全と健康」などの祈りを込め、山海の幸が盛り込まれているのです。

寒い季節のことですから、何日かに渡って日持ちのする料理から造り始め、大晦日の遅くまで主婦は大変だったことでしょう。

宅配などの簡単な「おせち料理」になりつつある現在ですが、家族環境は大きく変化していても、詰め込めれている料理の「めでたい由来」はそのままのようです。

紅白蒲鉾は「日の出」を表し、伊達巻は大事な文書などの「巻物」を、栗きんとんは「黄金色の財宝」と「勝ち栗」という縁起物を、黒豆は「まめに働く」の語呂合わせで健康を、昆布巻きは「よろこぶ」の言葉にかけて長寿を、数の子は子孫繁栄を、田造りは五穀豊穣を、それぞれが表しているとされています。

例えどなたが調理したものでも祈りの心は全て同じですから、一口ずつでも食べることで「歳神様」への感謝と、今年一年の無事を祈りたいものですね。

節句に作られた料理

近年のお正月の「おせち料理」は、お正月にいただく料理になりましたが、元々は違っていました。
『節句に作られる料理』という意味があったのです。

難しい由来などは省きますが、簡単に言って分かりやすいのは「桃の節句」「端午の節句」などの季節の変わり目にあたる祝日のことで、平安時代には節日に朝廷で「節会・せちえ」という宴が催されていました。

元日は、「節会」の中でも別格のめでたい日とされ、それが庶民にも広まった結果、一年でも一番大切な日である「お正月」に作って食べるご馳走を『おせち料理』と呼ぶようになったとのこと。

「おせち料理」は、年神様をお迎えする「大晦日」にお供えをします。
そして、年が明けた元日に家族全員で「神様からのおさがり」をいただくのです。

神様に供物を捧げて祈る三日間は、炊事をしない風習があったために、日持ちのする料理を年末にたくさん作っておき、「三が日はその料理で過ごす」という慣わしだったようです。

主婦が大変だから、「三が日はゆっくり」と言う意味合いではなかったのですね。
でも宅配の「おせち料理」であっても、雑煮や餅料理は手造りにしたいもの。
昔と比べたら、ものすごく楽にはなっているのですから…。

お屠蘇はお薬の酒

全国的には少なくなっているのでは、と思えるのが「新年の膳に欠かせない」とされていた「お屠蘇」です。
朱塗りの酒器セットを見る機会も多くはないようですし、核家族化した昨今では珍しくもなっているのではないでしょうか。

酒と言えば、お屠蘇ではなく日本酒やビール・ワインなどが一般的で、もしかしたら『お屠蘇』自体を知らない世代もいるのかもしれません。

「屠蘇」は「悪鬼を屠り、死者を蘇らせる」という意味がある、すごいお酒だそうです。
正式名は「屠蘇延命散・屠蘇散」といい、十種類近くの生薬を合わせたもので、これを日本酒やみりんに浸して、成分を抽出させたものだとか。

正月元日に、一年の健康長寿を願う薬酒だったのです。
生薬の効能でその薬効果はさまざまだったようですが、一般的には「風邪予防のため」「健胃薬」として効くといわれていた様子。

お正月休みに羽目を外しての、食べすぎ飲みすぎが心配にもなりますから、お屠蘇という薬酒が「用心のため」に服用するお薬と言うのは、非常に納得してしまいます。
でも、本来の意味とは少しずれているようにも感じますが…。

雑煮でいただく歳神様のご利益

簡単に言うと、歳神様にお供えしたお餅のご利益をいただくために作るのが「お雑煮」だそうです。
元旦に初めて汲む「若水」を使用する、のが本来の習わしとか。
井戸水の少ない現代では、ウォーターサーバーやボトルの水くらいしか、「天然の水」はありませんが…。

地方によって、実に多くの「雑煮」があるようです。
また地方は一緒でも、家庭ごとにその味わいは違ってきます。
味わいはそれぞれ違っても、「歳神様からのご利益」は、等しく全ての人々がいただくわけですから問題はありません。

祝箸で厄を払う

お正月の料理では、箸にさえ意味があることを知りました。
材質は「柳」で「厄を払う」意味合いがあるそうです。

普通の箸とは形が違っていて、両方の先端が細くなっていますが「歳神様と共に食事をする」と言う意味合いがあるとか。
片方ずつを使うようにできているようで、中ほどが太めになっているのは、米俵を意味し五穀豊穣を祈るためだそうです。
また「はらみ箸」とも呼ぶようで、子孫繁栄も表しています。

この祝箸は、使用する度に自分で洗い清め、松の内は同じ箸を使用するとのこと。
七日間も使うとは、思っていませんでした。
だいたい三が日と呼ばれる三日間くらいだと思っていましたから、ご馳走はなくなってしまうかも知れませんが…。

歳神様といただくおせち料理関連ページ

お正月とは「歳神様を迎える」
「お正月」と言う言葉を、じっくりと考えたことがあるでしょうか。 12月に入ってからは、何かと気ぜわしくなり、年 […]
初詣|なぜお正月に初詣をするか知ってますか?
江戸時代に広まったとされる「初詣」の習慣は、地元の神社へ参拝して、昨一年の感謝を捧げて今年一年の無事を祈願した […]
書初め|新年の意気込みを書いてみよう
正月の二日に、墨と筆の日本古来の筆記用具を用いて、「座右の銘や新年の目標を書く」古来から続いてきた正月行事の一 […]
松の内はいつからいつまで|2017年のお正月
2017年も始まったばかりですが年始の行事を終えてお正月飾りなどを片付けるのはいつ頃までに行うものなのかきにな […]
初日の出の由来や意味
年の初めの日の出が上がることで、新しい年は明けたとされます。 「一年の計は元旦にあり」とよく耳にしますが、元旦 […]
鏡開き|お正月の鏡餅と行事の進め方
お正月に、歳神様をお招きして拠り処となった「鏡餅」を下ろし、それを食べると言う風習を「鏡開き」と呼びます。 「 […]
お正月の遊び|伝統的なお正月遊びを知ろう
伝統の「お正月の遊び」は数多くありますが、大きく分けて「男の子」「女の子」「家族」が楽しむ遊びを選んでみました […]
お正月飾りの処分の仕方|縁起物の処分のお作法
暮れの内に準備してお正月を寿いだ「お正月飾り」も、片付けなければなりません。 歳神様をお迎えしたおめでたい飾り […]
お正月の準備|新年を迎えるための準備の仕方
新年には、家の祖霊神でもある「歳神様」が降臨なさいます。 神様に失礼の無いように、新年に相応しい清らかな場に整 […]
お正月飾りの種類や意味について
日本の大切な一年の節目、お正月を迎えるためには、様々な準備があります。それらはお正月飾りと呼ばれ年末から準備さ […]

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。