お盆夏の行事のお盆をきちんと過ごすガイド




お盆とは日本人にとってとても大事にされてきた行事です。この日にすることはいくつかありますがお盆のときにすることや、行事の意味や由来を紹介していきます。

お盆とはそもそも何?その由来とすること

お盆 お坊さんお盆とは先祖の霊があの世から家族のもとへ帰ってきて一緒に過ごすという日本では古くから行われている進行行事です。

お盆の頃には昔から家族で過ごしたり親戚一同が集まってそこに僧侶が回ってお経を挙げて回ります。

檀家を多く抱えているお寺の場合はお盆の時にはお寺から合同の読経を行う場合もあります。読経をお願いした僧侶当てに「御布施」や「御車代」を包みます。

お盆の時の「御布施」や「御車代」の相場は?

これは地域やその読経の方法等でも違いがあるようです。今回紹介するのは東京出の相場を紹介していきます。地域によっての違いなどもある為、わからない場合は同じ檀家さんにきいてみるのが間違いありませんね。

新盆の場合
相場は2万円

新盆以外の場合
相場は1万円

お盆の期間はいつ?毎年決まっているの?

お盆の期間というのは地域によって違いがあります。
ただ共通しているのは15日という日を意識しているのは共通しています。
実に3種類のお盆が存在していてそれぞれその地域の特徴に合っている野か漏れません

  時期 代表地域
7月盆 新暦 7月15日が中心
7月13日〜16日
東京・横浜・東北地方など
8月盆 新暦 8月15日が中心
8月13日〜16日
全国的に多い。北海道・新潟・長野 
関東南部・関西地方など
旧盆 旧暦 旧暦の7月15日ころが中心
(新暦での日程は、年によってことなる。)
関東北部・中国・四国
 九州・南西諸島など

8月盆は旧盆と同じじきに行われることもあるので「旧盆」と呼ばれるのが慣例になっているようです。

お盆の時期が3つある理由

国内の行事なのにいくつもお盆があるというのは不思議に思われるかもしれませんが、この違いが生まれたのは新暦と旧暦の切り替えが行われたことに由来していると言われています。

明治時代の初期に暦が今使われている新暦に変化しそのときに地域によってお盆の日やその他の行事にも違いがありそのまま定着していったことでこのように違いが生まれています。旧暦のお盆に関しては現在の新暦と暦の作り方に違いがあるため、若干の日のズレが生じることもあるようです。

東京などの都心部でお盆が早い理由

東京のお盆東京や都心部でお盆んお日が一ヵ月早い理由は実は簡単で、人の混雑を考えてのことというのが一番の理由になっているようです。

東京や都心部のお盆は7月13日〜16日の間というのも土地の性質によるものだったんですね。

お盆のときに行う主な行事を知っておこう

お盆の送り火お盆のときにおこなうことというのは何となく理解しているけどメモ代わりに使えるように行う事をまとめてみました。日によってする事が違うのでいちいち覚えておけないという事もありますので参考にどうぞ!

13日〜16日の間に行うことをまとめています。

①13日をお盆入りと言いますがこの日は門口でオガラなどで迎え火をし、玄関に提灯をつけ迎え団子を備えて準備をします。

②14日にお供えするものはナスとキュウリの胡麻和え

③15日には「蓮飯」やナスやキュウリで作った馬や牛をお供えします。

④16日はお盆最終日、門口で送り火をたいてご先祖を送り出します。

お盆のお墓参りに関してはこちらで詳しく解説しています
お盆のお墓参り時期はいつ?お墓参りときにやること準備するもの

お盆のナスとキュウリお盆の頃にナスやキュウリを飾っているのは東北、関東、北陸などの風習で全国的なものではないようです。
その他の地域では何か飾るのか?疑問に思う方もいらっしゃいますが、風習としては特にないようです。

ナスとキュウリで作られる牛と馬の呼び方
精霊馬(しょうりょううま)
精霊牛(しょうりょううし)
または御眷属(ごけんぞく)

お盆のときに野菜のナスとキュウリを飾るのはなぜ?

なぜお盆のときの飾り物としてナスやキュウリが選ばれたのかというと、例えばお正月の時には餅(米)やお盆の時には麦麺等をお供えするのはその時期の代表的な穀物である事からお供えされています。

そしてお盆の頃の代表的な夏野菜と言えばキュウリとナスですからそれらをお供えものとして使う習慣になりました。

ナス牛とキュウリ馬?ナス馬とキュウリ牛?
一般的に多いのはナス牛とキュウリ馬です。しかし逆に使われている場合もあるのをご存知ですか?
これはそれぞれの牛や馬と名前のつくものの意味がその地域にとっての習慣によって違いがあるようです。

お迎えに馬をつくり送りに牛をつくる
精霊を馬で早く迎え、帰りは牛でなるべくゆっくり帰ってもらう

お迎えに馬をつくり送りに牛をつくる
精霊を丁寧に迎えるために牛をつくり、急いで帰ってもらうために馬

初盆について

初盆とは人が亡くなったあと初めて迎えるお盆のことをさします。「初盆」や「新盆」といった言い方があります。普段のお盆と少し違い普段の御供物の他に、故人の好きだったものを備えたり、親族や故人とゆかりのあった方々を招き精進料理でもてなしたりといったモノもおこなわれます。

※忌明け前にお盆になるときには、翌年が新盆となります。たとえば、亡くなった日が6月末で、七七忌(49日)を終えていない新仏の霊について、翌年を待って新盆とします。

お盆の時に使用した灯籠の処分の仕方

ご先祖様をお迎えするときに使ったものだからお盆のときにつかった灯籠やその他いろいろな道具はむげに捨ててしまって良いものか迷いますよね?そこでここではどのように処分するのかをまとめてみました。

お盆灯籠の処分の仕方は地域によって違いがあることですから、その地域に合わせて行うことになります。処分の仕方には以下のようなものがあります。

・お寺等で収集して処分する、処分の期間をもうけていることが多い
・どんと焼きに合わせてお正月飾りなどと合わせて処分する
・仏具屋などで処分を請け負ってくれる

お寺や仏具屋などでの処分の際にはお包みが必要なことも多くあります。ご予算等もあると思いますので、お近くのお盆灯籠の処分先を検討してみましょう。

お盆とお彼岸の違いについて

どちらの時期も先祖を偲びお墓参りをする習わしがありますがその違いとはなに?と思う方もいると思います。

お盆

日本に仏教が伝来する前から行われていた習慣で神道的にご先祖を尊ぶものがあり、お盆に似たおのでした。
そこに、仏教が伝来し「盂蘭盆(うらぼん)」と合わせたものが現在のお盆の原型になっています。

お盆という名前の由来は「盂蘭盆(うらぼん)」とよばれる仏教の教えで釈迦の弟子が、教えに従って7月15日に亡くなった母の供養を行った際に「盆」を用いて供養をしたことからこの名前がつきました。

これが現在行われているお盆の由来になります。

お彼岸

「彼岸」というのは仏教では極楽浄土を指します。意味としては「向こう岸」というものになりますが、対語として「此岸(しがん)」といって「こちら岸」というものがあります。
お彼岸にお墓参りをしたり先祖を尊ぶ儀式が行われるのは、春分と秋分の日を間に前後の日を合わせてお彼岸の時期としています。

極楽浄土の方角は真西にあるとされており、この頃にお彼岸を迎えるのには先祖に極楽浄土へと送り出す意味を込めて法要などが行われます。

お彼岸

お盆のときに気になる情報

お盆の時期に行うこととは別に気になる情報を紹介してくれているサイトを紹介しています。お役立ちサイトを上手に活用しましょう

渋滞情報
⇒ http://www.jartic.or.jp/jartic_web/info/congestions.html

浄土真宗のお盆(新盆)の過ごし方
⇒ http://oshiete.goo.ne.jp/qa/910550.html

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月

お正月の特集をしてみました

年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。

このページの先頭へ