お盆のお墓参り時期はいつ?お墓参りときにやること準備するもの




お墓参りお盆の時にはお墓参りにいく時期です。多くの人がお盆休みに入る8月13日頃からというのが今では定着していますが、早いところでは7月13日からと一般的に行う時期とは違って前倒しにお盆を行うところもあります。

その中でお盆というのはご先祖様が家に帰ってきて家族とともに過ごす為に行うものとして知られていてそのときにお墓参りをしたりその周りを掃除をしたりと何かと忙しい時期でもあります。

お盆の期間は迎え火にはじまり送り火でまた送り出すという行事を行いますが、そのお盆の期間が数日の間はご先祖様が自宅にいるからお墓参りのタイミングはいつなのか?という疑問がわいてくると思います。

この時期はお盆休みとして休みにしている会社も多く多くの人が現在では8月お盆休みの時期をお盆として過ごされています。

お盆についてはこちらで詳しく紹介しています
お盆

お盆の墓参りはいつ行けば良いのか?

一般的なお盆のお墓参りの時のしきたりにあわせて紹介していきたいと思います。
一般的には7月盆も8月盆もどちらも13日から16日の間をお盆の期間としています。
そこでお墓参りをする日は13日に行われます。この日に送り火をともしてお墓に迎えにいくときにお迎えの意味を込めてお墓参りをします。

そのあとは云われに沿って考えるとお墓に迎えにいってから16日の送り火を炊いてお墓までおくっていくまでの間はご家族とともにいらっしゃるといわれています。

お墓参りに行くの時期はいつなのか?というは地域差がある場合がありますが、一般的には13日のうちにお迎えにいくとされています。

お盆にお墓参りに行っては行けない日がある?

13日〜16日の間ご先祖様をお出迎えしてご自宅に霊がいらっしゃるという事でお盆野路気にお墓参りをしても意味が無い期間があると思われがちですが、墓石は単なるモニュメント等ではなく仏教においては悟りの世界を形にして表した塔であるとされています。

お墓を立てるという事は仏様を建立するのと同じ意味を持っておりお盆の期間中にご先祖様が自宅にいるからお墓参りをしても意味が無いという事はありません。

そのときは仏様に手を合わせお祈りをしている事に変わりはなくおろそかにしていいものではありません。

お墓掃除に便利な必需品とお掃除の仕方

お墓掃除の必需品
・バケツ ・スポンジ ・歯ブラシ ・雑巾 ・軍手

▷まずはお墓の周りのゴミを拾う。
▷周りに雑草が生えている場合は抜き取り、木がある場合は伸びすぎた枝をカットする。
▷墓石の上から水をかけ、汚れを落としやすくしておく。
▷スポンジを使い、墓石全体の汚れをやさしくこすって落とす。
▷墓石に掘られている文字の部分は歯ブラシなどでこすってあげると落としやすい。
▷仕上げに水を全体にかけてあげて汚れを流しぞうきんで拭き上げてあげる。

やっては行けないお墓掃除の仕方

やっては行けない事はあたりませの事ですが墓石に傷を付けるようなお掃除の仕方はよくありません。

よくやりがちなお墓参りや掃除のときにのNG3つ

磨き石にたわしを使う
汚れがなかなか落ちないからといってタワシなどの固いものでこすると傷が付き痛んでしまいます。

墓石にお酒をかける
故人がお酒が好きだったとか、なにかの映画とかでされている墓石にお酒をかけることは墓石を早く炒めてしまうため良くないと言われています

食べ物や飲み物を添える
野生動物によって荒らされてしまう事が多くお墓の周りを汚してしまう行為になってしまいます。

知ってました?宗教で違うお墓参り

宗教によってはお盆の過ごし方やお墓参りのやり方などに違いがあります。

神式のお墓参りの場合

神指揮の場合は故人を毎月の命日や御霊祭といって1年3年5年10年20年…100年と中心にお彼岸のときやお盆のときにお墓参りを行います。

神式のお墓参りのやり方は
水、洗い米、塩、お神酒などや故人の好物などを神具にいれてからお供えします。

花等の変わりに榊(さかき)を奉納したり白い菊を治めます。

お線香は立てません

キリスト教のお墓参りの場合

カトリックとプロテスタントではお墓参りに対する考え方が違います。結婚をされてから相手方の宗教の習わしががらりと変わってしまう人にとってはとても注意が必要な事です。
こちらでも簡単な説明にしていますが、詳しくはパートナーのご家族などからしきたりがある場合に備えてきちんと教えてもらえるようにしておきましょう。

カトリックの場合
毎年11月2日を「死者の日」とされており万霊節(オールソールズデイ)といって協会に集まりミサが行われます。この日や文化の日等にお墓を掃除してからお花を捧げます。

プロテスタントの場合
故人の死後1ヵ月後に昇天記念日というものがあり、その日に自宅や協会で記念集会が行われます。そのあとは1・3・7年目の昇天記念日で記念集会が行われます。

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月

お正月の特集をしてみました

年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。

このページの先頭へ