2014年 鏡開きはいつ?

平成26年(2014年)の鏡開きは1月11日です

鏡開きは新年の松の内に飾っておいたお餅を割ってからおしるこや雑煮など地域によって様々な食べ方をして家族みんなで分かち合う事で一年を無病息災で過ごそうという願いを込めて食べます。

京都などでは三が日の後すぐに行う場所もあります。京都では1月4日に鏡開きを行う地域があるようです。

鏡開きのお作法

鏡餅を割るときには気をつけなくてはならない事があります。
それは、刃物を使って割らない事、木槌などを使って割るのが習わしとなっています。

これは鏡餅には神様が宿っているとされていますからそれに対して刃物を使うのは忌み嫌われているとされているからです。

鏡開きはなぜ1月11日に行われるの?

鏡開きは松の内の間と少し時期が違うのはなぜ?という風に思われる方も多くいらっしゃいますが、以前は1月20日の日に行われていました。

今でこそ松の内は地域によって差はあるものの1月7日・15日・20日までと様々ありますが、以前は鏡開きを行う日は松の内の最後の日である1月20日に行われていました。

この日から現在の1月11日に日が改められたのには理由があります。

江戸時代に3代将軍家光の忌日が20日であったため20日を外し日を改めたとされているようです。