お正月とは?

お正月とは旧暦の1月の呼び方をそのように呼ぶ事が元になっています。

三が日
1月1日〜3日までの間の事をそう呼ぶ

松の内
1月1日〜7日までの期間
※地域によっては15日や20日(小正月)までを正月の行事を行う期間といしています。
⇒ 2014年の松の内について

鏡開き
1月11日は鏡開きを行う日として定着しています。
※以前は1月20日が鏡開きの日でしたが現在では11日に変更されています。
⇒ 2014年の鏡開きについて

新年の初めの月で「睦月」と呼ばれる由来にも新年は家族で睦みあう様子を表したものとされています。

その他にもおせちや、お年玉などにもきちんと由来するものがありそれらを知って見ると、お正月が大切な行事なんだと知る事ができますね、この日にはこんな意味があるんだというのを知ってから過ごすとまた違ったお正月になると思います。

お正月の由来を知ろう

お正月の元旦は年神様が新年の幸福をもたらすために各家庭に訪れるとされています。
その目標物として門松やしめ飾り、そして鏡餅に宿ります。

その年神様を「正月様」「歳徳神」とも呼ばれています。

その神様をお迎えしてたくさんの幸せをもたらしてもらうために正月には様々な風習が生まれました。

元旦と元日の違いの簡単な覚え方

元日と元旦についてこんがらがっている人が以外と多いのですが簡単に覚える方法があります。

元旦とは1月1日の初日の出の事を表します。

1月1日の事を元日と言います。

元旦というのは「旦」の字の作りが地平線から日が出てきているものを表す感じです。
そのままですね。

この事を覚えておけば元日と元旦の違いを簡単に覚える事ができますね。

お正月の過ごし方のランキング

お正月の過ごし方のなかでこれは鉄板かなと思えるものと、失敗した過ごし方を両方紹介したいと思います。

お正月を過ごしました!ランキング

1位 自宅でテレビを見ながら寝正月 39.5%
2位 神社や寺院に初詣でに行く 20.8%
3位 実家に帰省する 20.4%
4位 福袋や初売りに行く 14.6%
5位 おせちやお雑煮など正月料理を実家で楽しむ 14.0%

お正月を過ごしました!失敗した過ごし方ランキング

1位 食べ過ぎて太った
2位 寝正月
3位 家から一歩も外に出なかった
4位 気がついたら年越し
5位 お年玉を渡しすぎて金欠