七夕飾りの作り方(折り紙)と七夕飾り種類の意味や由来

*

七夕飾りの作り方(折り紙)と七夕飾り種類の意味や由来

七夕の時に欠かせないものといえば『七夕飾り』ここでは準備するものや種類、その飾りが持っている意味などを紹介していきます。

七夕飾りの作り方(折り紙)

おりひめ ひこぼしあみかざり①あみかざり②ふきながしいちまいぼし①いちまいぼし②
ちょうちんひしがたつづりかいだんわっかつづりさんかくつづりひしがたかいだん
かいかざりはさみぼしささつづりほしつづり①ほしつづり②はーとつづり
ほしかざり①ほしかざり②じゅうじぼしじゅうじふきながしちょうちんかざりじゅうじわっかつづり

彦星の折り紙の折り方

七夕飾りのはじまり

七夕飾りと言えば笹の木と短冊がメインに上げられますが、この2つ以外にもいくつも飾るものがあります。
ではそもそもこの七夕飾りというのはいつ頃から始まったものなのでしょう。
七夕が伝わって来た当初(平安時代から奈良時代の頃)は中国からの影響が強く飾りにも現れていて五色の糸を星にお供えする習慣があったようです。

その後の室町時代の頃になると、お願いをするものも書の上達などを願うようになり、それに伴って書道の道具である硯(すずり)や短冊に欠いた和歌等をお供えするようになりました。

一般の人々に広く広まったのは節句のひとつとして広がりを見せる江戸時代の頃からです。

一般に広がってから現在に至るまでの間でも七夕飾りは変化をしており、現在では色紙でつくった7月頃の風物詩を折り紙などで作ってから七夕飾りとして飾るようになりました。

七夕飾りのひとつひとつにはきちんと意味がありそれぞれに込められた願いもあるので、飾る場合などにちょっと意識してみてはいかがでしょうか?

短冊はなぜ五色?

陰陽五行短冊はいろいろないろがありますがなぜ五色の短冊が使われているのでしょうか?
七夕の飾りとして伝わってきたものは初めは五色の糸であったことからもこの五色というのにはそれぞれに意味があると言われていますが、書物などにはその意味が紹介されていましたので紹介します。

短冊の五色は「青・赤・黄・白・黒」があります。

「七夕に飾る五色の短冊を、七夕飾りいいます。五色とは中国の陰陽五行説に基づいた赤・青・黄・白・黒のことを差します。」
⇒ 陰陽五行説wiki参照

参考文献や研究
http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000033828
所蔵先 愛知芸術文化センター愛知県図書館
⇒ http://www.aichi-pref-library.jp/

なぜ笹に飾るの?

七夕飾りの笹七夕飾りをなぜ笹に飾るのかというのは定かではないところがあるのですが、笹には冬場でも青々としている事から生命力が高く邪気を払う植物として向かしから大事にされてきました。
また虫などをよける効果もあり、当時の稲作のときには笹をつかて虫除けをしていたことや、天に向かってまっすぐ伸びる笹は願い事を空のおりひめ、彦星に届けてくれると考えられていたようです。

七夕飾りの種類とその意味を知ろう

紙衣 女子の裁縫の腕が上がるように
巾着 お金が貯まりますように
投網 豊漁になりますように  
屑籠 整理、整頓、物を粗末にしないように   
吹き流し 織姫のように機織が上手になりますように
千羽鶴 家族が長生きしますように  
短冊 願い事がかない、字が上手になりますように

七夕飾りのみんなの楽しみ方と体験談

自宅に七夕飾りをする派七夕飾りしない派

七夕飾りは折り紙を切って作っていたのを覚えています。子供の頃は母がペーパークラフトをやっていたので、七夕飾りのモビールもあったような気がします。山に笹を取りに行くか、誰かからもらったものに、七夕飾りを付けていました。

息子の子供のころの短冊を思い出すと温かい気持ちになります。当時私が入院していたこともありその年の息子の短冊が魔法使いになってママを治してあげるでした。丁度ハリーポッタの映画がはやった年だったので短冊に書けば魔法使いになれるものと信じていたのだとあの頃のこと思い出します

初めて七夕飾りをするときに、クリスマスの飾りつけとの違いがわからずに、一生懸命に星や点滅するライトやサンタクロースのオブジェを飾ろうとしていました。親に違うと言われても、むきになって飾り続けていました。

七夕飾りは毎年作るのが楽しみです。必ず作るのは提灯やスイカの飾りものです。千代紙なども使用して可愛い飾りをたくさん作るのも楽しいです。子供と一緒に作ればコミュニケーションもとれるし四季の行事を楽しむということも教えてあげられます。

花屋さんに毎年購入しますが、500円前後で2mぐらいのものです。自宅の玄関脇にある垣根に差しておき、家族でそれぞれ短冊に願い事を書いて飾ります。雨にぬれてもいいようにビニール袋に入れて飾るのであまり見栄えがよくないですが、仕方ないです。

笹は、祖母の家の敷地内に勝手に生えてきたものがあるので、それを1Mくらいのサイズのものをもらってきて飾っています。毎年飾りも同じでは面白くないので、短冊の形を全部ハート型にしたり、ジンジャークッキーのような人形の形にしたりと工夫しています。

我が家では輪つなぎを子供たちで作りますが、どこまで長くしていいのか分からずとんでもない長さの輪つなぎが毎回出来上がってしまいます(笑)笹にかけると重たさで笹が俯いてしまうんですよね…。余った分はカーテンレールなどにかけているので、誕生会のような雰囲気で七夕をしています(笑)

私の実家には竹が近隣にたくさん生えているので実家から1本をもらってきて、マンションの子供たちに短冊を書かせてあげてぶら下げるという催事を行ったことがあります。子供たちもみんな大喜びでした。数年続けて時失しました。

幼稚園や小学校の頃、よく作り方を習っていました。折り紙や工作は得意だったので、楽しかったことを覚えています。笹に飾ることはあまりなかったですが、自治会か何かで大きな竹が飾られていたのを見て、感動した記憶があります。

学生の頃、七夕の時期になると最寄りの駅で大きな笹の飾りを飾っていました。そこに電車の利用者が短冊を書いて自由に飾れるというものでした。大勢の人がその飾りを見るにも関わらず、私は友達と恥ずかしながら自分のお願い事を書きました。内容は「好きな人と両想いになれますように」と。実は今、その好きな人と結婚して主婦になっている私がいます。お願い事叶いました!

仙台などで毎年大規模な七夕祭りがおこなわれますね。あんなに大きな飾りや笹を、家では用意できないし、まるでクリスマスツリーのように煌びやかで、華やか。テレビを通してではなく、実物を目の前で一度は見たいものです。

小さいころは、町内で七夕飾りをみんなで創り、千羽鶴を折ったものです。子供でも一度覚えれば、簡単に折れました。とても楽しかったのを覚えています。

七夕飾りのために笹を買ったことはないですが、家の庭に竹があるので、子供の頃はその竹に短冊や折り紙で作った飾りを飾っていました。父親が書いた「頭をからっぽにして首から下で生きたい」という願い事が印象的で忘れられません。

司書をしてるので、毎年図書委員の子どもたちと一緒に飾りをつくっています。自分たちで完成させた飾りには思い入れがあるため、飾った後は誇らしげに笹を見上げていました。また、下学年の児童が飾りを見て自分も作りたいとお願いしてきたので、学年を跨いで飾りを作ったこともあります。

七夕飾りをしたことは思い起こせば幼稚園の時しかしていない気がします。笹飾りをしますが、笹なんてパンダが食べるってことしか知らないので、七夕とパンダも関係があるのかと思っていた記憶があります。短冊にお願い事をするように、パンダもご利益があると思っていました。なので、笹飾りにパンダの絵をたくさん飾ってきた写真が残っています。子どもは純粋です。

保育園で、先生から笹にかざる短冊が配られるので、必死にお願いごとを考えて書いた。お願いごとは結局見られてしまうのに、友達に隠して書いていたことを覚えている。それに、なんか意味もなく競ってできるだけ高い場所に飾ろうとした。

田舎にある実家では、昔はちゃんと七夕の飾りをしていました。幸いすぐ近くの林に笹が生えていたので、祖父が取ってきて庭に刺し、願い事を書いた短冊を吊るしました。短冊を書くために墨も、祖父がするのが毎年の恒例でした。

笹に飾るために折り紙の本を引っ張り出して作ったこともありましたが、七夕祭りに行くどうやって作っているのか分からないものもあり、今思えば保母さんをしていたご近所さんが参加していたんでしょうね。

友人たちと竹を山から採ってきて、家で七夕会をしました。短冊に願い事を書く時に、大物になりたいと、願い事をしました。その後に、ちょっとした出世をしたのですが、友人たちから、願い事叶えたんだねと言われて、すごく嬉しかったです。

折り紙で奴さんや星を折って飾った感じです。あと、こよいだ感じの長い紙を付けました。基本的なスタイルの物しか経験はありません。飾りよりも、短冊がメインで、短冊の色選びに迷いました。笹にかけた姿がキレイで、また他の子が何と書いたか気になりました。

大学で、七夕の笹を正門に飾り、短冊に願いを書いてもらう企画を推進した思い出があります。色とりどりの折り紙を用意して、短冊を作成しました。学生たちが楽しそうに友達同士で短冊に願い事をしていた光景が、今でも鮮やかによみがえってきます。

子供の頃、祖父が生きていた頃はどこかから笹を調達してきて、みんなで願い事を書いて笹飾りを作っていたが、いつの頃からかやらなくなってしまった。学校の行事で作るようになったからのような気がするが、祖父は寂しかっただろうと思う。

今では、子供が幼稚園で短冊に願いを書いています。長男が年少の時の願いが、”ペンギンさんになりたい!”でした。可愛い願いですが、苦笑してしまいました。

保育園で働いているときに子どもたちと七夕制作をしました。年長さんとトイレットペーパーの芯を使って作った織姫と彦星が印象に残っています。

近所のお祭りに出かけたとき幼稚園児の飾った笹を見ていたら「レンタカー屋になりたい。」という短冊があった。みんな先生の文字をなぞっただけなのに、彼は渾身の力で自分で書いており、字は一番ヘタだったけどものすごい気迫を感じた。どうか彼の願いが叶いますようにと思わず祈ってしまった。

数十年前事、両親の故郷が宮城県であることもあって、夏休みに仙台の七夕を訪れたことがあります。そのような祭りがあることは知らず、その規模の大きさや大きくて華やかな七夕の飾りと、アーケードに立ち並ぶ姿に驚かされましたが、当時の写真も色あせて時の流れをかんじさせられます。

七夕のシーズンになると、ショッピングモールなどに笹に飾られた短冊を見るのが楽しみです。あれを見ると、夏がやってきたなぁという気分を味わうことが出来ます。小さい子が一生懸命に書いたであろうお願いごとを見るとほのぼのします。七夕飾りは私にとって、夏を知らせてくれる風物詩です。

小さい頃は家でも笹に短冊を飾っていたような記憶があります。特別笹や短冊を用意しないようになってからも、七夕の時にはお菓子に簡単な七夕飾りがついてきたり、ちらし寿司を買ったら七夕飾りをくれたり、あの簡単な飾りを使うだけで、グッと七夕感が出て嬉しかったのを覚えています。

かなり古い話で私が幼稚園に通っていたときのことですが、幼稚園では七夕飾りを園児たちの手で作成することが慣例でした。当時毎日毎日たくさん作った飾りが、わっかつづりでした。たしかに簡単なので園児でも作ることはできたのですが、それにしても多く作り過ぎてしまったらしく、竹にひっかけるどころか部屋中にわっかつづりで溢れ返っていたことを今でも覚えています。

遊びで仙台七夕飾りのミニサイズを作り、写真を同僚に見せたら近くに居た上司も見に来て気に入られてしまい、配属が変わるまで何年もその上司のご自宅用に仙台七夕飾りを作らされました。当然のように無料奉仕ですが、せめて材料費は欲しかったです。



七夕伝説について知ろう

古くから語り継がれている七夕伝説があります。小さい頃から慣れし親しんできた方が多いと思いますが、ここで復習の意味も込めて物語をあらためて発見してみてはいかがでしょう。

⇒ 世界の七夕伝説
⇒ 日本の七夕伝説
⇒ おもしろい!七夕の雑学・トリビア

七夕飾りをしよう

七夕のときに欠かせないものと言えば七夕飾りです。ここではそんな飾りのことについて紹介しています。

⇒ 七夕飾りに必要なモノの意味や由来

天の川を楽しもう

天の川が奇麗に見えるシーズンにあたるのが七夕の頃からです。最も奇麗に見えるこの時期に空に浮かぶ星々が形作る天の川の観測や楽しめる場所などを紹介したいと思います。

⇒ 天の川・天の川銀河について知ろう!
⇒ 夏の大三角形

織姫と彦星のことを学ぼう

七夕伝説の主人公の織姫と彦星のことについて学んでみましょう。2人の関係や割り当てられている星の名前など、織姫と彦星のことを紹介しています。

⇒ 七夕に関する雑学・トリビア

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。