日本の七夕伝説を読もう!七夕物語

*

日本の七夕伝説を読もう!七夕物語

日本に伝わっている七夕伝説を紹介しています。
一番ポピュラーな物語をここでは紹介しています。お子さま等にお話しして上げるときなどの参考になってくれればと思います。

七夕の物語

夜空にキラキラときらめく天の川。
その川のほとりでは天の神さまの娘「おりひめ」が世にも美しいはたを織っていました。

おりひめの織る布は五色に光り輝いて、季節が変わるごとにいろどりまで変わるというそれは美しいものでした。

天の神様はそんな娘がとても自慢でしたが、おりひめははたを織るのに一生懸命で、自分の髪や服をかまおうともしません。

そんな姿をかわいそうに思った天の神様は言いました。

「おりひめもそろそろ年頃なのに、人のはたを織ってばかりではかわいそうじゃ。そうだ、おりひめにふさわしいむこを探してやろう」

天の神様はさっそくあちこちを探しまわりました。

「どこかにおりひめに似合うむこはいないかのぅ…」

天の神様が天の川の岸辺をずっと歩いていると、そこで牛の世話をしている若者と出会いました。
若者は「ひこぼし」といい、牛に水をやったりえさの用意をしたり畑仕事に精を出したりと、休む間もなくまじめに仕事をしています。

「うむ、この働き者の青年であれば、おりひめと幸せに暮らしていけるじゃろう」

天の神さまはおりひめの結婚相手にひこぼしを選びました。
おりひめとひこぼしはお互いにひとめで好きになり、とても中の良い夫婦になりました。
しかし、それからというものふたりは遊んでばかりでちっとも仕事をしようとしません。

機織りの機械にはほこりがかぶり、ひこぼしの飼っていた牛もえさをやらなくなったのでだんだんやせてきました。

「おまえたちそろそろ仕事をしてはどうじゃな」

心配した天の神さまが注意をしてもふたりは「はい。わかりました」と答えるだけでまったく仕事をしようとしません。
おりひめがはたを織らなくなったので空の神さまたちの服はもちろん、天の神さまの服もボロボロになってしまいました。

ひこぼしも仕事をしなくなったので、畑は草がぼうぼうに生えて作物はすっかり枯れて、牛はついに病気になってしまいました。

「このまま放っておくわけにはなるまい」

起こった天の神さまは

「もうお前たちふたりおを会わせるわけにはいかぬ」

とおりひめを天の川の西へ、ひこぼしを天の川の東へとむりやり引き離しました。
そうして二人は広い広い天の川をはさんで別れ別れになり、おたがいの姿をみることさえできなくなったのです。

あおれからというもの、おりひめは毎日泣きくらすばかりで、まったくはたを織ろうとしませんでした。
ひこぼしも家に閉じこもってしまい牛の病気はますますひどくなるばかりです。

こまった天の神さまはふたりにいいました。

「おまえたちが前のように毎日まじめに働くのなら、一年に一度だけふたりが会うのを許そう」

その言葉に、おりひめとひこぼしは心をいれかえてまじめに働き始めました。
一年に一度、そう7月7日の夜にあえることを楽しみにして…。

そしておりひめは前にもまして美しいはたを織るようになったのでみんなはとても喜びました、

ひこぼしも一生懸命牛を世話し畑を耕したので、牛はすっかり元気になり畑にもゆたかな作物が実りました。

やがて待ちに待った7月7日の夜になると、おりひめとひこぼしは天の川をわたり一年に一度のデートを楽しみます。

しかし、その日に雨が降ると川の水かさが増して川を渡ることができません。すると、どこからかカササギという鶏の群れがやってきて天の川の中に翼をつらねて橋となり、ふたりを会わせてくれるので下。

めでたし めでたし。


日本の七夕伝説を読もう!七夕物語関連ページ

七夕の食事|みんなの楽しみ方やレシピ
七夕の時に楽しめる食事について紹介しています。 元々は子どもの成長を願う節句の一つでしたが今では少しずつその意 […]
七夕祭りに参加して面白かったところと参加したいところ
七夕の頃には地域の商店街などでも七夕飾りでにぎわったり、地域のイベントとして七夕祭りを行っている地域もあります […]
日本三大七夕祭り や国内で行われている 七夕 の行事を知ろう
国内で行われている七夕の行事を紹介したいと思います。 各地で行われている農業に関係のあるお祭りであることが多い […]
七夕に関する雑学・トリビアあれこれ
七夕は言わずと知れた7月7日に短冊にお願いごとを書いてお願いごとをする日です。 とてもなじみの深い七夕に関連し […]
伝統的七夕について知ろう
現在、七夕は7月7日になっていますが、西暦が導入されるまでは旧暦を使用して七夕を決定していました。 太陰太陽暦 […]
世界の七夕伝説はこんなにもおもしろい!
国内では小さい頃から親しみがある七夕ですが、これは実は日本だけの文化ではなく、世界各国で7月7日をお祝いするお […]
七夕の歴史と由来日本に伝わってからの変化
古くの日本には七夕という文化はなく伝わってきたのは平安時代の頃と言われています。 ここでは七夕がどのように日本 […]
七夕のはじまりと由来を学ぼう
今ではほとんどの人が知っている七夕。願い事を短冊に込めてお願いする行事ですがその由来は元々は違った意味から始ま […]

七夕伝説について知ろう

古くから語り継がれている七夕伝説があります。小さい頃から慣れし親しんできた方が多いと思いますが、ここで復習の意味も込めて物語をあらためて発見してみてはいかがでしょう。

⇒ 世界の七夕伝説
⇒ 日本の七夕伝説
⇒ おもしろい!七夕の雑学・トリビア

七夕飾りをしよう

七夕のときに欠かせないものと言えば七夕飾りです。ここではそんな飾りのことについて紹介しています。

⇒ 七夕飾りに必要なモノの意味や由来

天の川を楽しもう

天の川が奇麗に見えるシーズンにあたるのが七夕の頃からです。最も奇麗に見えるこの時期に空に浮かぶ星々が形作る天の川の観測や楽しめる場所などを紹介したいと思います。

⇒ 天の川・天の川銀河について知ろう!
⇒ 夏の大三角形

織姫と彦星のことを学ぼう

七夕伝説の主人公の織姫と彦星のことについて学んでみましょう。2人の関係や割り当てられている星の名前など、織姫と彦星のことを紹介しています。

⇒ 七夕に関する雑学・トリビア

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。