お食い初め 使用後の食器はどうしたら良いの?

*

お食い初め 使用後の食器はどうしたら良いの?

お食い初めに使う食器は、正式な物を用意すれば漆塗りのしっかりしたものになりますね。
お食い初めに使って、後は使えないのでは勿体ないです。
一歳の誕生日や、初節句お正月など、赤ちゃんに関わるお祝いごとがあればその時に使用すると良いと思います。

保管をするのであれば、漆器は薬品に強い器ですので洗剤をつけて洗っても問題はありません。

熱湯などの熱にも耐えますが、食器洗い乾燥機には向いていません。手で丁寧に洗いましょう。スポンジも出来ればとても柔らかい物を使います。

乾いた布で拭くと傷になりますので固く絞ったガーゼなどで水滴を拭き取るようにすると良いでしょう。

直射日光や乾燥した場所を嫌いますので洗った食器を乾かすなら、日の当たらない風通しの良い所で乾かしましょう。

保管場所も、暗くて適度に湿気のある場所が本来はこのましいとされています。
紙にくるみ箱に入れて、押入れなどに入れるのがおすすめの保存方法です。

食器棚にしまう場合は、他の食器と重ね無いこと。
傷が付いたり欠けてしまうことがあるかもしれません。
太陽の光に当たるような場所であれば、白い布をかけておくこと。
最低限これを守れば長く持ってくれます。

お祝いで頂いたものであれば、せっかくですから長く使いたいですもんね。

神社でもらった食器なので、もう使わない。
使わないので処分したいのだけれど、そのまま捨てられない。という声も良く聞きます。
器を取り扱ってくれる神社に奉納するのが一番の処分の仕方です。

処分に困るとお考えであれば、初めにレンタルで済ますか、料亭などで済ますのが一番だと思います。

お食い初め 使用後の食器はどうしたら良いの?関連ページ

お食い初めの食器について〜男の子用・女の子用〜
正式には漆塗りの器と高足の御膳を用意します。 箸は柳の白木です。全部新品を用意します。 一般的に、赤ちゃんの母 […]
お食い初めの男の子と女の子で食器の色が違う由来は?
伝統的に考えてお食い初めの食器の色が違う事をあまり気にしていない方も多いと思います。 男の子は朱色、女の子は黒 […]
男の子のお食い初めの食器にはどんな種類がある?
お食い初めで使う男の子の食器について正式な儀式用から現代では人気なものまで様々あります。 ここでは男の子用のも […]

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。