お食い初めで使う男の子の食器について正式な儀式用から現代では人気なものまで様々あります。

ここでは男の子用のものを中心に紹介していきたいとおもいます。

男の子用のお食い初め食器の特徴

男の子のお食い初めをする際に気をつけたいのが食器です。正式な儀式を行いたいという方は男の子ように準備するのは赤い漆の食器で行うのが通例になっています。

本格派向けの男の子のお食い初めの食器

きちんとしたお食い初めをしたい方や、家族からの贈答品等で人気の食器です。本格派を希望する方はこちらで紹介している食器を使われているようで、家紋入りのものをという方もいらっしゃいます。

基本的には男の子のお食い初めの食器は赤(朱塗り)の物で銀(または金)で家紋であったり、おめでたいものとして松竹梅をあしらったものなど伝統工芸のきらびやかさがあります。

普段使いもできるの男の子のお食い初めの食器

簡易的なお食い初めで済ませたいという方に人気の男の子用の食器です。
儀式のときに使うのはもちろんですが、その後の子育ての間も使えるタイプの物を選んでとても生活を意識されている方に人気の食器です。

気になる木製の男の子のお食い初めの食器

ぬくもりを感じて可愛い事で人気を集めているのが木製のお食い初めの食器です。
これもお食い初めの後は子どもの食事のときに使えるなどとても人気を集めています。
名入れをする事もできる為最近とくに注目が集まっているようです。



行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

七五三

子供の成長を祝い3歳5歳7歳の時にお祝いをする古くから伝わる子供の行事が七五三です。