2014年 端午の節句|どんな意味のある日かな?鯉のぼりのほかにする事もある




端午の節句とは

毎年5月5日はこどもの日…端午の節句とも言って、男の子の成長を願う日でもありますよね。空には鯉のぼりがはためいて、兜を飾ります。この端午の節句にはどのような由来があるのか、今日はそのあたりを見て行こうとおもいます。

端午とは

端午の「端」は、物のはじっこを意味しています。つまり「物事のはじまり」を意味しているということになり、そして「午」は干支や暦に出てくる午(うま)を指しています。
したがって端午というのは、元々は月の初めの午の日を意味しており、それは5月に限った事ではありませんでした。しかし午(ご)と五(ご)の音が同じであることから、毎月5日を指すようになり、やがて縁起のいいゾロ目である5月5日が「端午の節句」になったのだそうです。

そんな端午の節句は、初め中国から伝わってきたものでした。そして奈良時代、平安時代と宮廷では端午の行事して薬草を摘んで邪気を払うといったことをしてきました。しかし時代が鎌倉時代になり、武家政治ヘと移り変わったところでだんだんと「薬草摘み」としての行事が廃れていったのです。

薬草摘みは廃れましたが、武士のあいだでは尚武(しょうぶ=武をたっとぶ)の気風が強かったため、薬草の一つであった「菖蒲」と「尚武」をかけて、端午の節句を「尚武の節日」として祝うようになってきます。
やがて江戸時代には5月5日は徳川幕府の式日に定められるのです。
現在でも5月5日のことを「菖蒲(しょうぶ)の節句」とも言いますね。強い香りの菖蒲やよもぎなどを軒先に吊るして、菖蒲湯に入る事で無病息災を願うのは、この武家社会の名残なのですね。
こうした時代の変化のなかで、元々は薬草を摘んで邪気を払う行事のあった端午の節句が、次第に男の子の誕生の祝いへと結びついていったと考えられています。
武家では兜や武者人形などを飾っていたのですが、江戸時代の中期にはそんな武家の幟に対抗した町人の間で、鯉のぼりが飾られるようになったのだそうです。

鎧兜の飾り方

端午の節句は「男の節句」とされていたため、昔はお父さんやおじいちゃんが家の鎧兜を飾るのが習わしでした。しかし現在では、その辺りは特にこだわる必要はないのだそうです。
飾りの準備は4月の中旬までには終わらせましょう。
飾る際の方角は、特に決まりはありません。置き場所も出来れば床の間がいいようですが、現代の住宅事情もありますし、特に決まってはいないようです。みんなでよく眺められる場所に置きましょう。
そして片付けるのは、5月中旬辺りを目安にされるといいようです。梅雨入りでカビてしまう前に、乾燥剤をいれた箱の中にきちんとしまって保管しましょう

鯉のぼり

鯉のぼりは江戸中期に町人達の間から始まったことを先述しましたが、それには中国の伝説がもとになっているのだそうです。それは、「登竜という激流(登竜門)を鯉が登った」というもので、鯉には出世と健やかな成長を願う親の気持ちが託されているのです。

端午の節句に食べるもの

さて、そんな端午の節句に食べるものといえば、ちまきと柏餅がすぐ頭に浮かぶかと想います。
ちまきを食べる理由は、古代中国の人のあいだで、「粽(ちまき)」は忠誠心の象徴とされていた古事があるそうです。そんなことから親が我が子に「忠義の人」であってほしいと願って、ちまきを用意するようになったのだとか。
その元ネタとなった話は、中国の戦国時代である紀元前278年、楚(そ)の国の高名な詩人、屈原(くつげん)にあります。屈原は国王の側近として働いており、人々からも慕われていました。しかし悲しいかな陰謀のため国を追われることになってしまい、ついに川に身を投げてしまったのです。
その屈原が亡くなったとされる日が、5月5日。屈原の死を悲しんだ人々は、たくさんのちまきを川に投げ入れて弔ったのだそうです。それから、端午の節句と言えばちまきを食べる風習が始まったのだとか。

そして柏餅を食べる理由は、柏の葉が冬になっても落葉せず、新芽が吹くと落葉するという、親葉が後継ぎができるまで決して落ちる事が無いので、めでたい木の葉とされているからだそうです。
そして餅も神事に欠かせないものの一つですので、「柏の葉で餅を包むものを食べて一族の繁栄を願う」ということになったのだそうです。

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。

このページの先頭へ