秋の七草 覚え方と一目で分かる画像とイラストで紹介




秋の七草をご存知ですか?
春の七草とは又違った趣向があるものです。春の七草は歌にもうたわれており「セリ、ナズナ、オ(ゴ)ギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ、これぞ七草」の歌をうたいながら調理した七草粥を食べるという行事が行われていて馴染みが深いと思います。

では、秋の七草はどのように料理するのか?と思われるかもしれませんが、秋の七草は食べる事ができないものばかりですが、秋を代表する花の部分がそれにあたります。

秋の七草の覚え方は?

秋の七草は一般的に、ハギ、ススキ、クズ、カワラナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウのことをいいます。

秋の七草の画像 秋の七草の名前 科目名
萩の花(ハギ) 萩の花(ハギ) マメ科
尾花(オバナ:ススキ) 尾花(オバナ:ススキ) イネ科
葛花(クズ) 葛花(クズ) マメ科
撫子の花(ナデシコ) 撫子の花(ナデシコ) ナデシコ科
女郎花(オミナエシ) 女郎花(オミナエシ) オミナエシ科
藤袴(フジバカマ) 藤袴(フジバカマ) キク科
朝貌の花(アサガオ:キキョウ) 朝貌の花(アサガオ:キキョウ) キキョウ科

秋の七草の由来はなぜこの七種類

なぜこの七種類の花が秋の七草として伝えられている理由は万葉集の中にうたわれている物に由来しています。
その歌を読んだ人物というのは山上憶良と呼ばれる人物でいくつかの歌が万葉集の中に治められている歌人です。

万葉集の山上憶良が詠んだ歌

秋の野に 咲きたる花を 指(および)折り かき数(かぞ)ふれば 七種(ななくさ)の花
(山上憶良 万葉集 巻八 一五三七)

萩の花 尾花葛花(をばなくずはな) なでしこが花 をみなへし また藤袴(ふぢはかま) 朝顔(あさがほ)が花
(山上憶良 万葉集 巻八 一五三八)

秋の七草の現状

秋の七草は万葉集が生まれるずっと前から日本の秋を伝える植物でした。しかし、現在その中の2種類がいま絶滅の危機を迎えているのをご存知ですか?

その2種類というのは藤袴、桔梗です。現在、絶滅危惧のレッドリストに掲載されている状態でその数を減らしつつあるという現状があります。

秋を楽しむ大事な植物なだけに絶滅してしまうと寂しいものがありますね。

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。

このページの先頭へ