八十八夜とは?|この日にすることはなに?八十八夜の持つ意味について




八十八夜とは

「八十八夜」とは、立春から数えて88日目のことです。
立春を第一日目として数えて88日目に当たりますが、平年なら5月2日、閏年では5月1日になります。
もっと長い間で数えた場合は、数十年に1度5月3日のこともあるようですが、普通の年の数え方で5月2日と覚えておけば間違いないでしょう。

3日後には「立夏」になりますが、春と夏の端境期とも言える時期です。
「別れ霜」「泣き霜」などの言葉があるように、遅霜が発生する時期にも当たっていて、農家には注意の必要な時期でもありました。
そのために二十四節気以外に、生活に根ざした雑節が作られたのですが、八十八夜も日本独自の雑節の一つです。
雑節は他にもあり、「節分、入梅、半夏生、二百十日、土用、彼岸」などがそうです。

八十八という字を重ねると、米と言う字になりますが、その米を作っていた農家の人々にとって、八十八夜は特別な日とされてきました。
地方によっては気候に差がありますが、おおむねの目安としての八十八夜は重要な日とされていて、現在でも東北のある地域では、豊作を願う様々な行事も行われているようです。

この八十八夜の頃から、夏への準備が始められる「縁起の良い日」とされています。
霜も降りなくなり、安定した日々が続くようになりますし、茶摘や苗代のもみまき、蚕のはきたて、野菜の移植のような農作業の目安とされました。
地域によっては、今でも農作業の開始を祝う『神事』が行われることもあるようです。
現在のように、天気予報がその土地土地で発達した時代でも、このように八十八夜は大切にされているのですね。。

また、瀬戸内では豊漁の続く時期としての「漁の目安」とされたり、沖縄地方の島では「とびうお漁の開始の時期」ともされています。
陸の農業だけではなく、海の漁業でも、大切な節目とされていることが分かります。
天然自然の昔からの暦には、先人達の知恵と祈りが込められているからなのでしょう。

八十八夜のお茶

この日の朝に摘んだお茶は、上等なものとされています。
特に新芽を手で摘んだ上質なお茶は、手摘み茶として貴重な「新茶・八十八夜の茶」として喜ばれます。
この後の茶摘は、ハサミや機械での大量生産になりますから、いかに八十八夜の茶が特別なものか分かりますね。

この日のお茶を飲むと「長生きできる」などの言い伝えもあるように、八十八夜に摘んで作られるお茶には、「不老長寿の縁起物の新茶」として特別珍重もされてきました。

もちろん、言い伝えばかりではなく、実際に気象条件なども考えた場合、この時期のお茶は極上のもののようです。
お茶の新芽には、秋から冬を越した期間、寒さに耐えて貯えられた成分が溢れています。
特有の清々しい香りが満ち溢れた一杯のお茶が、体中に初夏の息吹を吹き込んでくれるからでしょうか。

実際に一番最初に煎れたお茶は、二番茶以降のものより、旨み成分を多く含んでいて美味しいのだそうです。
今年は少し奮発をして、コーヒーや紅茶ではなく、日本茶で八十八夜の新茶を飲んでみませんか。
「ユネスコの世界遺産・和食」には、日本茶が一番合うのは当然のこと。
しみじみと日本に生まれた幸せを、実感できることでしょう。

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。

このページの先頭へ