子供の日|国民の祝日の子供の日の由来とは




子供の日とは

1948年・昭和23年に、国民の祝日の一つとして5月5日に制定され、『子供の人格を重んじ、子供の幸福をはかるとともに、母に感謝する日』と定められました。

5月5日は、古来から「端午の節句」として、男の子の健やかな成長を祈願する行事の日でした。
現在でも、「子供の日」と言うよりは「男の節句・端午の節句」の色合いが強く、鯉のぼりや五月人形を飾ることが多いようです。
小学校や幼稚園等では、制定後60年以上が経過していることもあり、「こどもの日」が定着浸透しているため、男女共に「兜」や「こいのぼり」を作ったりもしています。

「こどもの日」と「端午の節句」の違いや境がはっきりとしていないのか、気にならなくなってきているのか、どちらなのでしょうか。
一時は、「5月5日の男の節句」が国の祝祭日になり、「3月3日の女の節句」が祝祭日ではないことに、『男尊女卑』の意味合いを含めて批判もあったとされています。

現在では、むしろ全体的に様々な方面で女性の方が強くなったイメージもあり、男女の別なく5月5日が「子供の日」になっていることに異論は出ていないようです。
それだけ祝祭日としての「子供の日」が、広まり落ち着いたということでしょう。
4月末から5月に続く「ゴールデンウィーク」の最後の祝祭日ですが、制定の際に「長く続く休日が望ましい」との配慮もあったとされています。

ところで、「子供の日」制定の中に、子供に関しての言葉があるのは当然ですが、『母に感謝する』という言葉が添えられています。
添えるという意味同様に、「子供の日」は喧伝され浸透もしていますが、母への感謝についてはあまり見聞きしませんね。
母親無くては子供は生まれませんし育ちませんから、もっと『母と子』の部分を強調しても良いのではと感じました。

子供の日の由来や意味は

中国から日本に伝わった「端午の節句・五月最初の午の日・五月五日の節句」は、時代は奈良から平安の時代でした。
この頃は、五節句の「人日、上巳、端午、七夕、重陽」として、季節ごとに身の穢れを祓う日とされていました。
貴族たちは、これらの日に薬草摘みに出かけたといわれています。

「薬玉・くすだま」と呼ばれる薬草の玉を贈り物にしたり、身体の穢れを祓うとされた菖蒲を使って、健康と厄除けを祈願しました。
武士の時代にこの菖蒲が、尚武(武を尊ぶ)に通じるとして、端午の節句を男の子の節句として祝うようになって行きます。
鯉のぼりや五月人形などを飾るようになったのは、江戸時代の商人文化の流れのようです。

五月人形の鎧や兜などを飾る風習は、戦いに出て争うものではなく、男子の身を守って健康に成長するように願ったものなのです。
また、時代ははっきりしませんが、「早乙女」と呼ばれた若い女性たちが、田植えの前に身を清めた由来もあります。
田植えの前に穢れを祓うために、菖蒲と蓬で屋根を覆った小屋で「物忌みのため」にこもったそうです。

稲作文化の日本での、5月の田植えなどの伝統行事も考えて合わされた、「子供の日」の設定なのでしょうか。
男女関係無く、5月5日が「こどもの日」とされたのは、当初の由来が『男の子』のみの日ではなかったから、と考えられます。
『端午の節句』が男の子の節句として祝われるようになったのは、「武家の時代」からと歴史の中ではあまり古くはないことでも、納得はできますね。

世界各国に「こどもの日」は存在している

国際連合の「世界こどもの日」をはじめ、多くの国や地域で祝日とされています。
1920年に、トルコで4月23日を国家主権の子供の日と定められました。
1925年に、ジュネーブの子供の福祉世界会議で、6月1日が「国際子供の日」として制定。

1954年に、国際連合総会による「世界こどもの日」が、11月20日と制定されました。
子供たちの相互理解と、福祉の増進を目的にした児童の権利に関する宣言と、児童の権利に関する条約が、採決されました。
この11月20日に「子供の日」を制定している国もありますが、6月1日を祝日としている国も多いようです。
それぞれの国や地域が、それぞれの国や地域の理由で「子供の日」を制定しています。

こうしてみますと、日本は国連制定よりは早く、「子供の日」を国の祝祭日にしています。
大正時代から、「児童愛護デー」として活動していた団体があったようですが、はっきりしません。
国会に「子供の日を祝日とする請願」が寄せられた際、5月5日を希望するものが多かったのが、理由とされているそうです。

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。

このページの先頭へ