バレンタインデーとは|この日はどんな日なの?ちょっとおさらい




バレンタインでーとは

このバレンタインデーの歴史をさかのぼると、ローマ帝国時代にまでたどり着きます。
当時のローマでは、2月14日は女神・ユノの祝日で、ユノは家庭と結婚の神でもありました。
その頃の若い男女は生活圏が別だったため、この翌日の「豊年を祈願する祭り」では、ある方法で男女を組み合わせて1日を過ごしたようです。

そのまま一生を過ごす夫婦となることが多かった風習ですが、皇帝は兵士の士気に関わると結婚を禁止しました。
キリスト教の司祭だったバレンタインは、秘密裏に兵士達を結婚させたため捕らえられました。
そして見せしめのために、祭りに捧げる生贄として2月14日に処刑されたのです。

このために、キリスト教徒にとってはこの日が大切な祭日となり、「恋人達の日」になったとされています。
キリスト教では、男女間での愛の告白や贈り物をする日として、また家族や友人同士でも、花やカードを贈りあう行事になっていったようです。

バレンタインデーにすること?

日本での『バレンタインデー』は、女性から男性への愛の告白として、『チョコレート』を贈るとされています。
この女性から男性への贈り物・チョコレートと言うことが、日本のバレンタインデーの大きな特徴とされています。
欧米でも贈り物は花や菓子などいろいろありますが、チョコレートには限定されていません。
また、女性・男性問わずに互いに贈り合いますから、「女性から男性へ」しかも贈り物はチョコレートと言うのは、特殊なものといえましょう。

近年は、デパートなどではバレンタインデーのチョコレート売り場が特設され、大変な賑わいを見せています。
女性から男性への「愛の告白のプレゼント」から、恋人未満の友人に贈る「義理チョコ」、更に職場の男性全てに贈る「ギリチョコ」、女性同士で贈りあう「友チョコ」、自分のご褒美の「自己チョコ」等々、様々に形を変えて広まっているようです。

日本の場合は、完全に『チョコレート関連のPR』説が有力です。
神戸モロゾフ製菓説、メリーチョコレートと伊勢丹説、ソニープラザ説、と様々に取りざたされているようですが、始めはあまり普及はしなかったようです。
1970年代の消費社会によって、学生達から広まっていき更に主婦層へまで普及した、といわれています。

日本のチョコレートの年間消費量の20パーセントが「バレンタインデー」に消費されているという、国民的な行事にもなっています。
でも、様々な社会現象を引き起こしているこの国民的行事『バレンタインデー』は、職場の男性・特に年代が高い層には、「ホワイトデー」のお返しが大変なために不評のようですが…。

バレンタインデーはいつ?

バレンタインデーとは、「聖バレンタインの日」と言う意味で、人の名前です。
前に述べているように、ローマ時代のキリスト教の司祭の名で、若い男女の結婚の手助けをして、時の皇帝に憎まれ処刑されました。
以後、殉教者として聖人とされましたが、バレンタインが殉教した日が2月14日だったのです。

また、イギリスやフランスで元来語られていた「2月14日は鳥が結婚する日」という言い伝えが重なって、「バレンタインデーである2月14日は恋人たちの日」ということになったのではないか、と考えられているそうです。

様々な言い伝えや伝説があるようですが、この2月14日に想う相手に手紙を書く習慣は、すっかり定着して広まっていったとされています。
手紙は次第にカードを使用するようになり、現在のアメリカでは「クリスマス・カード」の次に、「バレンタイン・カード」が交換されているそうです。

チョコレートよりも言葉の持つ力は大きいと思いますから、今年は「カード」で伝えてみてはどうでしょう。
もちろん、さり気なくチョコレートに添える方法もあると思いますが…。

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。

このページの先頭へ