春一番とは?春の到来を告げる春一番について知ろう!




春一番という言葉を聞くと厳しい冬の寒さを無事乗り切って段々と暖かくなっていく事を実感できる時期が来たんだなと思う頃になります。

ただ天気予報などで

「今日春一番が吹きました」

などとの報告を受けるのですが、この風が吹いた事を決める要素知っていますか?

春一番とは?いつ吹いた風の事をそう呼ぶの?

まず春一番とは季節の節気を表す二十四節気に深く関係をしているものになります。

よく使われる節気として春を表すものとしては立春、春分などは有名ですがこのほかにも4つの春を表す節気があります。

※春の節気に関しては後ほど紹介します

春一番とは節気の立春〜春分の日までの間に南から吹く風の事を表します。

Wikipedia参照
春一番の発生条件及び認定基準は、地域・気象台により、多少異なる。おおむね、立春から春分までの間に、日本海を進む低気圧に向かって、南側の高気圧から10分間平均で風速8m/s以上の風が吹き込み、前日に比べて気温が上昇することを発生条件とする。ただし、「日本海を進む低気圧に向かって」という条件は比較的幅広く解釈されることもある。

ただこの日を境に暖かい日と寒い日が交互に続いて行くので体調管理には十分気をつけたい頃でもあります。

寒暖の日が徐々に暖かい日が卯づくようになってくるとあぁ春が来たなと実感する時期ですね。

関連語
2014年の立春
⇒ 2014年の春分(春分の日)

春一番のときの気圧配置

気象庁などが春一番と認定する決まりとしてただ強い風をそのように呼ぶのではなく、

気圧配置も合わせて基準としています。南からの風なので西高東低の気圧

春一番は必ず吹くのか?

この時期に必ず吹くというものではないようです。気象庁の統計でも約2割位が春一番を観測しなかったというものになっています。

なぜ春一番を気象庁は伝えるのか?

これに関しては、春の到来を喜ぶためというのもあるのですが、突然の強風という事もあるし、何よりも積雪が多い地域などではとても注意が必要な時期の指標になっているからというのが一番お理由かと思われます。

暖かい風によって雪が解け積雪が多い地域などでは雪崩の原因になる事が多く、この時期の雪山への登山に関しては注意が必要です。

また漁師にとっては、この風によって多くの被害が出ているかこがありますから、台風の情報などと合わせてとても大事な情報になっているようです。

日本の四季を楽しむ二十四節気を知ろう

季節 二十四節気
立春雨水啓蟄春分・春分の日清明穀雨
立夏小満芒種夏至・小暑・大暑
立秋処暑白露秋分秋分の日・寒露・霜降
・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

季節のイベント

季節 暮らしの行事
みどりの日八十八夜子供の日憲法記念日
昭和の日母の日端午の節句
七夕父の日お盆山の日(2016年から)
十五夜秋の七草秋分の日お彼岸
・クリスマス・お正月・
行事内容
お宮参り

子どもが生まれたら住まいの近くの神社に参りするのがお宮参り、土地神様に子どもの生長を見守ってもらう為の古くからの習わしです。

お宮参りはいつ行う? ⇒お宮参りの初穂料 ⇒お宮参りの母親の服装

お食い初め

子どもが生まれて100日目あたりに行われる事からお食い初めのことを100日祝いとも言います子どもが食べ物に困らないように願いを込めて行う行事のやり方を紹介しています。

お食い初めのやり方 ⇒男の子のお食い初めの食器 

厄年

男女それぞれ違う年齢に訪れる厄年、古くから本厄のときは良くないことが起こりやすいと言われていたり、でも実は厄年にするといいこともあるんだとか

男性の厄年 ⇒女性の厄年 ⇒厄年の結婚・妊娠・出産

七夕

おりひめとひこぼしが1年に1度だけ会う事が出来る日七夕、その物語が生まれた由来や、七夕を楽しむ為の七夕飾りの作り方やその飾りの意味などを紹介しています。

七夕伝説 ⇒七夕飾り ⇒伝統的七夕 ⇒天の川 ⇒夏の大三角形

お正月の過ごし方|新年の始まりお正月を楽しく過ごすためのまとめ

お正月といえば新年の始まりの行事です。心新たに始まる新年の過ごし方やお正月に関係する行事を紹介しています。

鏡開き いつ ⇒松の内

お正月
年末

何かと忙しい年末の行事を特集しています。

干支

年末年始に何かと気になるのが干支です。年賀状などで活躍するとともに、普段の何気ない会話の中でも度々現れる干支について紹介しています。

節分

立春の前日を節分といいます。日本での古くからの習慣で「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆まきをする節分についての気になる事が全部分かります。
 ⇒節分の由来  ⇒節分 豆  ⇒節分 いわし

日本の城

日本国内には様々な名城があります、そんな日本の城の歴史や見所などをしょうかいしています。

このページの先頭へ